楽天・米国レバレッジバランス・ファンドの特徴とデメリット

・楽天米国レバレッジバランスファンド(USA360)

・このファンドの特徴

アメリカの株価指数と債券にレバレッジをかけて投資するレバレッジ型バランスファンドです。

経済が好調なアメリカにレバレッジをかけつつも、いっていのリスクに備える形のバランスの取れた投資信託です。

手数料は一般的なバランスファンドより少し高めとなっています。

・投資先

・アメリカの株価指数

・アメリカ国債

・利回り実績(年間)

※設定前のシミュレーションなし

・設定来の値動き

・購入にかかる手数料

・信託報酬・・・0.4945%

・買付手数料・・・なし

・この投資信託のメリット

・3.6倍のレバレッジがかかっているため、高いリターンが期待できます。

・国債の比率が高く、安定したリターンが見込める

・コロナショック前より基準価格が超えている

・この投資信託のデメリット

・やや高い信託報酬

・投資先がアメリカに一極集中

・純資産額が小さく投資効率が悪い

・総合評価

アメリカ一極集中ですが、アメリカの株と債券両方に投資ができる便利な投資信託です。

一方、バランスファンドという割にはアメリカとドルに集中してしまっているため、安全な投資先とは言いづらいです。

インデックスファンドが少し退屈になってきて、アメリカのETFや個別株に投資しようかと考えている人などにおすすめです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする