2020年7月第4週投資結果報告、いま金がアツイ!

こんにちは、4連休いかがお過ごしでしょうか。

どうもきよしです。

まもなく連休も終わりですが、

きょうも投資結果報告をやっていこうと思います。

・先週までのハイライト

まずは、先週までの金融市場のハイライトです。

先週からアメリカで企業決算が本格化してきています。

ハイテク企業などでは決算は悪くないようですが、

かなり高値になっていますので、

決算を確認して利益確定の動きが出てきているようです。

マイクロソフト増収、テスラ黒字 米西海岸企業決算好調

新型コロナウイルスの影響が日本など世界の企業に打撃を与えるなか、米西海岸の企業の強さが目立っている。4~6月期決算で米マイクロソフト(MS)はクラウド事業などが堅調で13%の増収に。米電気自動車(EV)最大手のテスラは事前の市場予測を上回る業績で最終黒字だった。コロナ禍でデジタル化が進むなかで、両社は株価も大きく上昇させている。

 MSのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は22日、「企業は、生産や販売、顧客サービスに至るまで事業のすべての部分でデジタル化を加速させている」と説明。4~6月期は売上高が前年同期比13%増の380億3300万ドル(約4兆800億円)、純利益が同15%減の112億200万ドルだった。

朝日新聞より

それでは、

今週の投資結果を見ていきたいと思います。

結果はご覧の通りです。

・投信積立:+56万円

まずは、メインのSBI証券の投信積立です。

結果は56万円のプラスとなりました。

アメリカ株を中心に好調で、

さらにこのところで遅れていたグローバル3倍ファンドも

戻ってきています。

NASDAQに至っては+20%の伸び。

とても指数の伸びとは思えないほどの驚異的なスピードです。

続いてウェルスナビです。

・ウェルスナビ:+9000円

ウェルスナビはご覧の通りです。

9000円のプラスで、しっかりとプラスキープです。

個別にみると金がものすごい上がっています。

いま、安全資産として金が見直されていて、

市場での価値が上がっているようです。

金相場1900ドル突破-モビアス氏は「今からでも買う、買い続ける」

金スポット価格は24日、2011年以降で初めて1オンス=1900ドルを突破し、同年に付けた過去最高値に一段と迫った。政治的な緊張の高まりや世界経済の成長を巡る懸念が、金相場の上昇に拍車を掛けている。

  低いまたはマイナスの実質金利、ドルの下落、中央銀行の大規模な流動性供給によるインフレ上昇見通しなども、金相場上昇を後押ししている。金スポットはこのまま引ければ、週間ベースで11年以来となる7週連続の上昇。銀スポットは週間で約40年ぶりの大幅上昇となる見込みだ。

ブルームバーグより

金は最強の安全資産といわれています。

一方で金利がつかないことが欠点で、

通常、リスクオンの時は売られていきます。

ただ、いまはゼロ金利の時代となっているため、

その欠点が受け入れられ、

国債を買うような感覚で金を買っている人が多いようです。

今後も値動きには注目しておきたいです。

・来週以降の投資戦略

来週の注目はなんといっても決算です。

appleやフェイスブックなどが決算を発表。

相場に大きく影響を与えると思います。

今週発表のあった、マイクロソフトやテスラの決算は

予想よりも良かったです。

それにもかかわらず、株は売られていて、

よほどの良い決算でなければ

利益確定の口実にされてしまうかもしれません。

短期で取引されている方は

決算の後の値崩れに警戒が必要です。

一方、長期での取引の方は、

株価が下がったところが、

絶好の押し目買いポイントになる可能性があります。

一喜一憂せずに

着実に積み立てていきたいところです。

それでは!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする