含み損3兆円!日銀が赤字になると何が起きるのか?

株価の急落が止まりませんね。

こんにちは、きよしです。

きょう、こんなニュースが飛び込んできました。

日銀総裁、保有ETFの現時点での含み損は2兆~3兆円-試算

日本銀行の黒田東彦総裁は18日の参院財政金融委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に株価が下落する中、日銀が保有している上場投資信託(ETF)の含み損が足元で2兆-3兆円になっているとの試算を示した。大門実紀史氏(共産)への答弁。

  黒田総裁は、日銀が保有するETFの含み損益の状況について、「日々の市場動向に左右されるので幅を持ってみる必要がある」と指摘。その上で、「公表している直近の2019年9月末時点のETFの保有状況と、10月以降の買い入れ実績などを踏まえ、現時点の日経平均を基にやや荒い試算を行うと、含み損益は2兆円から3兆円になる」と語った。

ブルームバーグより

ご存知、われらが中央銀行・日銀は

株価が下落すると、金融緩和の一環として

株式市場からETFやJーREITを購入しています。

これまでずっと株価は右肩上がりで

含み益の状態でしたが、

それが今回の急落で含み損の状態に転落しました。

このまま含み損が増えていくと、

日銀は決算が赤字に、そして最悪債務超過となる可能性があります。

さて、きょうは

日銀が赤字になると、何が起きる可能性があるのか、

簡単にまとめてみます。

・短期的には何も起きないが・・・

まず、日銀が赤字になるというのはどういう状態か?

簡単に解説します。

日銀は中央銀行であると同時に、

ジャスダックに上場する

上場企業としての一面を持つ、特殊な組織です。

ちなみに日銀にも株価があり、

普通に検索すると確認することができます。

(株主が限られるので、一般の上場企業の株価とは違う性質ですが)

日銀は1年に一回、年度末に決算を迎え、

財務状況が公表されています。

日銀を1つの企業としてみると、

国債を購入してその利子を受け取ったり

金融機関にお金を貸して利息を稼ぐなど、

いわば金融業を営んでいます。

去年はこの利益がざっと2兆円程ありました。

つまり黒字企業なわけです。

ちなみに日銀は利益を出すと、

一部を準備金として貯金して、残った一部は国に納めています。

日銀が稼いだお金は国の税収の一部となっているわけです。

しかし、ETFの運用で含み損になっている場合、

損失として決算上計上しないといけません。

現在3兆円の含み損があると仮定すると、

仮に去年と同じように2兆円の利益があっても

それを上回る損失となり、赤字企業となります。

これが「日銀が赤字」という状態です。

さて、

日銀が赤字になると、なにがおきるのか?

短期的には赤字になってもさほど影響はないものとみられます。

業績が悪くて、今年は赤字ですという企業は

いくらでもありますから。

ただ、赤字が続いて、

債務超過の可能性が高まってくると話は変わってきます。

・日銀が債務超過⇒円という通貨の信任が落ちる

日銀が赤字状態を解消できず

債務超過となった場合、どうなるか?

それでも日銀がつぶれることはありません。

日銀は通貨発行権という絶大な権力を持っているので、

お金が足りなくなるということはあり得ず業務を継続できます。

(会計上の債務は政府からの増資を受けて帳簿上の負債を消すことができます)

しかし、

そんなことで通貨を発行しまくったり、

政府から支援を受けまくったりすると、

そのうちあることが起きることが想定されます。

それが円という通貨の信認の低下です。

投資家が

「円は日銀が赤字のたびにバンバン発行するので

今後円の価値は低下する。ほかの通貨に換えておこう」

と思い出し始めると、円は売られていくことになります。

そして円が売られていくと、

国債の信任も低下していきます。

つまり国債の価格も低下、利回りが上昇していくことになります。

国債の利回りが上昇すると、

最終的には政府が国債を発行できなくなり、

財政破綻(デフォルト)してしまいます。

・日銀の赤字⇒最悪財政危機の可能性

まとめますと、

日銀の赤字⇒日銀の信認の低下⇒円安・国債安⇒日本のデフォルト

と危機が連鎖していく可能性があります。

ただし、これは本当に最悪のケースの場合です。

実際には↑で書いたように、短期的な赤字であれば

何事もなく乗り切れるはずです。

そもそも、

日銀にはまだ黒字の時に貯めている貯金(準備金)がありますので、

それを取り崩すことで、赤字を回避できるはずです。

なので、そこまで心配はいらないと考えられます。

ただ、最終的には国家の財政破綻につながる可能性もあり

注意が必要だということです。

何にせよ、株価が戻ってくれればすべて解決してくれます。

今はウイルスが早く終息して

経済活動が再開し、

株価が戻ってきてくれることを祈るばかりです。

あー、なんか日銀が3兆円も含み損抱えているのを考えたら、

私の含み損なんて微々たるもんだと思えてきました。

今後株価はさらに下がってしあうかもしれませんが、

日銀とおなじように、定期的に買い増して

上昇局面に備えていきましょう!


きょうはここまで!

今回の記事が皆さんの投資ライフの

一助になったなら幸いです。

それでは!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする