2019年10月第2週投資結果報告~米中貿易戦争ついに終結か?~

こんにちは、最近ラグビーにはまりまくりの私です。

ルールもいまいちよくわかっていないにわかファンもいいところですが、にわか上等ということで楽しんでいます。

では、今週も週末ということで、投資結果報告をやっていきたいと思います。

今週の投資結果はご覧の通りになりました。

・含み益は35万円に回復!

含み益は全体で35万円程になりました。

前回が20万円程でしたので、10万円以上回復しました。

日本株と米国株が回復してますので、その影響を受けています。

債券価格は割と下がってまして、グロ3はいまいち伸びが悪いです。

続いてウェルスナビはご覧の通りです。

ようやくプラ転しました。

この前も一瞬プラ転したのですが、すぐに含み損に。

今回またもプラテンということで、このままいってほしいです。

・今週の主な出来事

今週は米中の貿易協議に注目が集まりました。

無事に一部合意というかたちになりそうです。

[ワシントン 11日 ロイター] – トランプ米大統領は11日、米中が「第1段階」の通商合意に達したと発表し、前日から2日間の日程で行われていた両国の閣僚級通商協議が部分合意に達したことを明らかにした。

今回の「第1段階」では中国による米農産品の大規模購入のほか、一部の知的財産権、為替、金融サービスの問題などについて合意。さらに米国は15日に予定していた対中制裁関税引き上げを見送る。

トランプ大統領は中国の劉鶴副首相との会談後、両国が基本合意し、貿易戦争の終結に近づいていると言明。今回の合意の文書化には最長5週間の時間を要する見通しで、チリで11月に開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で中国の習近平国家主席と署名する可能性があると述べた。

ロイター通信より

この記事にもあるように15日からの関税引き上げを見送るというのがとても大きいです。米中が少しづつ歩み寄っていることがわかりますね。

トランプ大統領は来年選挙です。そろそろ成果を出さなければいけないと焦りだしてきています。中国も香港問題が気になり、アメリカをあまり刺激したくありません。両社の思惑がようやく一致してきました。長かった米中摩擦はこれで解決に向かうのか、注目していきたいと思います。

・来週の投資戦略

まず、日本市場ですが、台風19号の影響が気がかりです。かなりの方が亡くなり被害は甚大です。被害にあわれた方は本当につらいでしょう。

そして市場への影響も避けられません。影響が出そうなところではJRや電力などのインフラ系。それに損保などの保険もマイナスでしょう。これらの企業は高配当銘柄として知られていますし、保有されているかたも多いのではないでしょうか。こうやって高配当の銘柄に絞って投資するとどうしても国内産業に偏り、こういうときにダメージを受けやすいです。このブログでは業種を偏らせず、広く浅く投資するインデックス投資をおすすめしています。

個人投資家さんのブログを読んでいると、 結構、高配当銘柄への投資をされている方が多いなぁと感じています。 そもそも「配...

来週は台風の影響が収まることを祈りつつ、下がりすぎたようであれば買い増しを検討したいと思います。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。