持ち家と賃貸どちらが得?~家を買うときに考えたい5つのポイント

こんにちは。

きょうは家計問題の永遠のテーマとも言える

ある問題について考えてみたいと思います。

それは

「持ち家と賃貸どっちが得か?」

という問題です。

これ、今も論争が続いている

資産運用の大きなテーマなんですよね。

皆さんも一度は考えたことがあるんじゃないかと思います。

ただこの問題については

わたしとしてはある程度結論が出ています。

それは

「得かどうかは人によって異なる」です。

え?これは当たり前すぎて答えになっていないですか?

そうですか。では、もう少し突っ込んで言うとこうなります。

それは

「私はいまのところ賃貸の方が得。でも人によって違う」

です。

以下では

家を買うときに考えたいポイントをまとめました。

これに当てはまっている人は

家を買った方が良いと思いますし、

当てはまっていない人は

買うべきではないでしょう。

それでは詳しく見ていきたいと思います。

・万人に当てはまるルールはない

まず「持ち家か?賃貸か?」問題について調べると

個人ブログの方とか、

FPの方とかがいろいろコメントしていますが、

「家は買うな!賃貸の方が絶対に得!」とか

「持ち家の方が結局得!だまされるな!」とか

だいぶ意見が偏っているなぁと思います。

もう一度言いますが、私の考えでは

「家を買った方が得かどうかはその人によって違う」

というのが結論です。

万人に当てはまる事は無いと思います。

基本的にどんな話も絶対ってありません。

「絶対賃貸!」などという意見は疑ってかかった方が良いと思います。

・5つのポイントで家を買うべきか考えよう

家を買うべきかどうか、

家を買うと得するかどうかについては

次の5つのポイントに

あてはまっているかどうかで考えると良いと思います。

それは

  • ポイント①転勤の可能性はない
  • ポイント②家族構成の変化はない
  • ポイント③収入は安定している。
  • ポイント④不動産価格は上がると思う
  • ポイント⑤持ち家がほしい

以上の5つです。

これらのポイントについて

当てはまる割合が多い方は

おそらく家を買った方が良いと思います。

逆に当てはまらない場合は

家を買う必要はありません。

以下で詳しく見ていきましょう

ポイント①:転勤の可能性はないか?

転勤の可能性がある場合、家は買わない方が良いでしょう。

せっかく家を買ったのに、

転勤になって住めないというのは本末転倒かと思います。

転勤している間は賃貸に回せば良いという考えもあるかも知れませんが、

自宅を賃貸に回したり、また戻したりというのは結構な労力がかかります。

そもそも自分が住めない家のために

ローンを組んで住宅を買うというのはどうかと思います。

逆に転勤の可能性がほとんど無いという方であれば、

当然家を買うというのは選択肢に入ると思います。

ポイント②:家族構成に変化はないか?

家族構成に変化があると見込まれる方は、

家を買うのは待った方が良いでしょう。

特に独身の方はこれから結婚したり、

子どもが出来たりする可能性があります。

一緒に住む人が増えれば、必要な広さも変わってきます。

家族構成が固まらない段階で家を買うというのはどうなんでしょうか。

逆に、

ある程度家族の形が固まった方は、

そうした変化のリスクがないので

家を買うというのも良いと思います。

ポイント③:収入は安定しているか?

家を購入する場合、住宅ローンをくむことになると思いますが、

毎月きちんと返済できるかというのは当然考えないといけません。

今の時代、安定した収入なんてないよという意見もあるかも知れませんが、

ある程度の収入のめどは建てなければなりません。

今月はちょっと収入が少ないからといっても

住宅ローンの支払いは待ってくれません。

収入が安定していないよという方は、まず家を買う前に

収入を安定させるほうに力を注ぎましょう。

ポイント④:不動産価格は上がると思うか?

今後不動産価格が下がると思っているなら、

今家を買う必要はありません。

価格が下がった後に買った方がお得だからです。

逆に上がると思っているのであれば、それは買った方が良いです。

後で買おうと思っても、そのときは値段が上がっているかもしれません。

家を買うというのは

ある意味投資の側面があります。

将来不動産価格が上がるかどうかと言うのは

誰にも予言することは出来ませんが、

少なくとも「自分はこう考える」という軸を持つのは

投資する上でとても大切だと思います。

将来値下がりをすると思っているものは

買わない方がいいでしょう。

ポイント⑤:持ち家がほしいのか?

最後に

これはそもそもの質問になりますが、

本当に自分が持ち家がほしいのか?

というのを自問していただきたいです。

たとえば、車を買うときって、

「車と自転車どっちが得か?」とか

「タクシーやレンタカーをつかった場合の比較」とかって

あまり考えませんよね?

それよりも

「この車がかっこいいから乗りたい」とか

「かわいい車がほしい」とか

そういう風に決めるんじゃないかと思います。

家も同じで、

「庭付きの家がほしい」とか

「タワーマンションに住みたい」とか

そういう観点で本来選ぶべきではないでしょうか?

そうすれば多少金銭的に損をしても、

家を購入したことの満足度は上がります。

逆に

「別に家にこだわりがないけど、なんとなく周りが買っているから買う」

というスタンスの方は

自分が本当に持ち家がほしいのか、考えた方が良いと思います。

なにごともそうですが、

自分が欲しくないものを買うことほどの無駄遣いは

ほかにありません。

・私の場合は賃貸派。でも将来はちがうかも

以上上げた5点でおおかた当てはまるという方は

家を買った方が得する方だと言えるでしょう。

逆にあまり当てはまらない方は

今、無理して家を買う必要はありません。

ちなみに私の場合はこんな感じにあります

  • ポイント①転勤の可能性はない→×
  • ポイント②家族構成の変化はない→×
  • ポイント③収入は安定している→○
  • ポイント④不動産価格は上がると思う→△
  • ポイント⑤持ち家がほしい→×

×が多めですので、持ち家は得をしないということになります。

よってわたしは賃貸派です。

しかし、これは未来永劫賃貸という訳ではありません。

特に①、②は年とともに変わると思いますので、

○が増えてきたら家の購入も検討したいと思います。

それまでは積立投資で貯蓄を増やしていきたいです。

以上簡単に

家を購入するときに考えるべきポイントをまとめてました。

皆さんの住宅購入の参考になれば幸いです。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。