S&Pが史上最高値更新!やはり米国株は強い!

こんだけ景気減速に対する不安が高まっている中、

アメリカのS&P500が最高値を更新しました。

20日の米株式相場は大幅に続伸して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比223ドル93セント高の2万6727ドル93セントで推移している。米連邦準備理事会(FRB)が19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で早期利下げの可能性を示唆し、株式市場への資金流入が続くとの見方が広がった。同日のアジアや欧州の主要株価指数が上昇したことも米国株の買い安心感につながった。 (日経新聞より)

The S&P topped its all-time closing high

いやぁやはりアメリカ株は強いですね。

米国株はなぜこんなに強いのか?

さて、株価の上昇の原因は一つしかありません。

アメリカの利下げ期待です。

アメリカの中央銀行に当たるFRBは

来月の会合で利下げを行うと予想されています。

利下げが行われれば、

株価にはプラスに作用されてます。

それを先取りしようと、多くの投資家が

アメリカ株を買いまくっています。

債券も爆買い中

さて、株以外にも

債券にも資金が流れています。

債券価格が上昇しています(金利低下)

株価の上昇と、債券価格の上昇

この2つの条件はなかなかそろいません。

非常に珍しい傾向が続いています。

株価の上昇と金利の低下がどこまで続くのか

注目していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。