NISAとつみたてNISAの違いは?選ぶならまずはNISAを

金融庁の報告書で「老後2000万円必要」などが

話題になっています。

先日、金融庁の審議会のレポートが 「老後のために貯蓄が2000万円が必要」との内容をまとめて、 話題になっています。 ...

これから投資を始めようという方も

多いのではないでしょうか。

きょうは投資初心者におすすめのNISAとつみたてNISAの制度

どちらを選んだ方がいいか考えてみます。

ちなみに私は現在NISA口座を開設中です。

NISAとつみたてNISAなら絶対にNISAを選んだ方がいい

株で得た利益に税金がかからなくNISAやつみたてNISAの制度は

投資をやっているなら絶対に利用した方がいいです。

ただ、NISAとつみたてNISAの口座は

2つを同時に開くことはできず

どっちかを選ばないといけません。

どっちを選べばいいかわからない人も多いと思います。

どっちを選べばいいのか、

結論から言うと初心者の方はまず「NISA」口座を開きましょう。

なぜならNISAは2023年までに終わる予定です。

一方、つみたてNISAは2037年までとなっています。

そしてその後、つみたてNISAの口座を選べばいいからです。

NISAとつみたてNISAの違いは?

ここでNISAとつみたてNISAの

違いをざっくり考えてみたいと思います。

金融庁のHPを参考にしてい見ます。

見ていただきたいのが

期間、投資枠、対象商品

この3つです。

まず、期間としては

NISAが5年、つみたてNISAが20年となっています。

そして次に確認するのが投資枠。

NISAは年120万、つみたてNISAは年40万となっています。

最後に対象商品ですが、

NISAが個別株、投信、外国株など幅広いのに対し、

つみたてNISAは一部の投信に限定されています。

つみたてNISAで買える投信はすべてNISAでも買えます。

逆にNISAで買えなくてつみたてNISAで買える投信はありません。

まとめ

NISAの場合、期間の5年間という条件以外については

すべてつみたてNISAを上回っています。

なので、

NISAの制度がなくなる2023年まではNISAを、

それ以降はつみたてNISAを使うのが有効です。

NISAは120万円の枠がありますが、

べつに全部使わなくてもいいですし、

途中でつみたてNISAに移行したくなったら

その時点で移行すればいいと思います。

とりあえず、まず初めてやってみますという方であれば、

まずはNISA口座を開設して

その後、自分の投資プランにあわせて検討するという形でいいかと思います。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。