購入して分かった海外ETFの手数料 意外と結構かかる?

ETFとは上場された投資信託。

通常投信よりも手数料が安く済むため、人気があります。

先月、わたしも初めて海外ETFを購入してみました。

購入して、海外ETFの場合以外と手数料がかかることがわかったので

まとめてみたいと思います。

・購入して分かった海外ETFの手数料 どのくらいかかる?

まず、日本のネット証券で海外ETF(今回は米国株に連動するETF)を購入する手順をご紹介します。

基本的には

  • ①外国株専用口座の開設
  • ②投資したい金額のドルを用意する
  • ③投資したいETFを購入

の③ステップになります。

①外国株専用口座の開設

海外の株式やETFを購入するには、通常の国内の口座とは別に

外国株専用口座を開設する必要があります。

証券会社を1から開設するほどのめんどくささはありませんが、

手続きに数日かかる場合がありますので、

検討されている方はあらかじめ開設しておくと良いでしょう。

この時点では手数料はかかりません。

②ドルを用意する

アメリカのETFは当然ドルで購入します。

よって、円しか持っていない場合、両替する必要があります。

ここで「スプレッド」という名の手数料が発生します。

このスプレッド、結構馬鹿になりません。

これは証券会社によって違うのでなんとも言えないのですが、

私の感覚では思っていた以上に取られます。

③投資したいETFを購入

ドルが用意できたら

いよいよETFを購入します。

ここでまた手数料が発生します。

購入手数料は日本の投資信託でノーロードのものの場合、0ですが、

海外ETFは証券会社によりますが、基本取られます。

(NISA口座の場合は取られない事が多いようです)

・手続きがたくさんあるとその分取られる手数料に注意

手続きがいくつもあると

その回数だけ手数料が取られます。

海外ETFに関しては

購入後も信託報酬という、管理費用がかかります。

全部合わせると、

大体1%くらいはとられるんじゃないでしょうか。

ETF=手数料が安い

というイメージで投資すると、

意外と手数料を取られていることに驚くかも知れません。

ただ、海外ETFは投資対象としてはパフォーマンスも良く

非常に有効な投資商品と言うことが出来ると思います。

コストの部分もしっかり理解した上で

投資に臨みましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。