海外ETF買ってみた 投資信託との違いは?

どうも、きょうは海外ETFのお話です。

今週初めて海外ETFを買ってみましたので、

きょうは初めて買った感想、買ってわかったメリット・デメリットを

お話ししたいと思います。

・海外ETF買ってみた 投資信託との違いは?

まず今回購入したのは「 バンガード 米国グロースETF(VUG)」  です。

以前は別のETFの購入を検討している記事を書いたのですが、

その後、VUGに変更することにしました。

こんにちは。 きょうは朝から川崎市の通り魔のニュースで持ちきりでしたね。 幼い命がこんなにも理不尽な理由で奪われてしまうなんて ...

初めて海外ETFを購入してみてわかったのが、

投資信託よりも手順が面倒だということです。

以下理由を説明していきます。

・ETF購入前に円⇒ドルに両替する必要がある

海外のETFはすべて現地通貨建てですので、

たいていは円からドルに資金を両替する必要があります。

両替のタイミングは

為替の動向もチェックしないといけません。

それから買い付け終わってみてドルが余ってしまうことも。

なんとなく不便です。

・別の口座として扱われるため、資金管理が面倒

海外のETFを扱う口座は

日本株や投資信託を扱う口座とは

別の口座として扱われます。

なので、いつものポートフォリオの画面では

全体でいくら資産をもっているのか

わからないです。

いちいち別のサイトをチェックしなければならず

とても不便です。

↓いつもと違う管理画面

・さて、運用結果は?

いまのところ、プラスです。

暴落前にかったのですが、戻ってきました。

ただ、44ドルのプラスなのにもかかわらず、

日本円に換算すると2000円言ってません。

それは買った時から円高が進んでいるためです。

ETFを購入するタイミングと

為替を両替するタイミング

その二つを考えなければならないので、

投資信託よりも

上級者向けだなということがわかりました。

わたしは今後

アメリカの利下げが行われて

円高ドル安が進むと予想していますので、

海外ETFの購入は

より慎重に行こうかなと思っています。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。