グローバル3倍3分法ファンド 下落局面で力を発揮してきた

先月、2019年5月は

株式市場にとって試練の月でした。

米中貿易摩擦や

アメリカとメキシコの貿易摩擦のせいで

(トランプ大統領の発言のせいで)

日経平均、ダウともに

大幅に下落してきました。

そんななか、

先月から購入を始めた

グローバル3倍3分法ファンドが

かなり輝いてきました。

きょうはその強さについて

解説してきます。

グローバル3倍3分法ファンドについての詳細は

以前のこちらの記事を

ご覧ください。

今話題の投資信託を知りたくないですか? 本記事では話題のグローバル3倍3分法ファンドについて、その仕組みや運用実績を解説。 新たに投資信託の購入を検討されている方必見です。

・グローバル3倍3分法ファンド 下落局面で力を発揮してきた

まずはこちらをご覧ください、

グロ3と米国株インデックス(eMAXIS Slim 米国株)の

チャートの比較です。

↓グローバル3倍

↓eMAXIS Slim 米国株

ともに3か月チャートですが、

米国株の方は

6月に入り

多少反発しているものの、まだ下落傾向続いています。

一方、グローバル3倍の方は

結構しっかり底を打っているように見えます。

というか、

5月がそこまで下げていませんでした。

やはりリスクに強いというのは

本当のようです。

また、6月に入ってからの上がり幅も

かなり高くなっています。

・なぜ差がでた?

では、なぜ差が出たのでしょう。

背景にあるのは

・金利の低下

・円高ドル安

この2点だと思います。

アメリカの利下げ観測が出始め、

長期金利の低下と円相場の円高ドル安が進んでいます。

金利の低下=債券価格の上昇です。

債券の割合が大きい

グローバル3倍3分法ファンドにとっては

当然プラスになります。

また、円高ドル安が進んだため、

100%ドル建ての

eMAXIS Slim 米国株にとってはマイナスです。

一方、グロ3の場合

こちらの記事でも紹介したように

一定の為替ヘッジがなされています。

なので、

下落幅が少なく

上昇幅が大きくなったのではないかとおもいます。

今話題の投資信託を知りたくないですか? 本記事では話題のグローバル3倍3分法ファンドについて、その仕組みや運用実績を解説。 新たに投資信託の購入を検討されている方必見です。

・景気後退観測が出る中 安心して投資出来るグローバル3倍

やはり

非常に優秀な設計のファンドだと

この1か月で改めて思いました。

世界の景気が後退局面に入るのではないかという

観測が出ている今、

アメリカ株一辺倒では

不安だという方には

グロ3への投資がかなりおすすめです。

わたしもまだ

お試し程度しか購入していないので、

今月中の買い増しを検討中です。

結果についてはまた随時

報告させていただきます。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。