積立投資とは?どうやって始めるの?

・積立投資とは?どうやって始めるの?

積立投資とは

「毎月(毎年)、決まった時期に、

決まった金額の金融商品を購入する」投資方法です。

毎月決まった金額が

給料として手元に入ってくる

サラリーマンのような給与形態と相性がとても良く、

投資の知識があまりなくても

気軽に投資できることから人気の投資手法となっています。

また、

最近では金融庁が推奨している投資方法でもあり、

近年注目が集まっています。

金融庁サイト:つみたてNISA早わかりガイドブック

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/guide/index.html

この積立投資、

金融商品を定期購入するための

証券口座さえあれば、

誰でも、

いつからでも、

始めることが可能です。

この記事では

積立投資の魅力や始め方をまとめました。

みなさんを積立投資の世界に誘いたいと思います。

・積立投資のメリットは?

私の考える積立投資のメリットは

・少額から始められる
・投資に時間が取られない
・政治経済の勉強になる

この3点です。

以下で解説します。

・少額から始められる

積立投資は基本的に

毎月の給与の一部を

投資に充てる方法です。

投資というと普通

「100万円くらいは最低ないと・・・」

などと思われがちですが、

そんなことはありません。

積立投資なら

手元にお金は必要ありません。

今後の給料をまるで貯金のように

投資に充てていくそれだけです。

いま、手元にお金がなくても

投資を始めることが出来るというのが

積立投資の何よりの魅力です。

・投資に時間を取られない

積立投資ははじめに

・「いつ」(毎月1日?、毎年1月?など)

・「どのくらいの額」を

・「何に」

投資するか決めたら、

それ以降は

証券会社のシステムを使って

自動で取り引きが行われます。

常日頃、

相場を監視しておく必要はまったくありません。

(むしろ相場は見ない方がいいくらいです)

投資というと、

値上がりしそうな銘柄を探すため

いろんな資料を読んだり

計算をしたりというイメージがありますが、

そんな必要はありません。

ただ機械的に買っていくだけですので、

一度設定をしたあとは

基本的にほったらかしでOKです。

・政治経済の勉強になる

これは積立投資に限った話ではありませんが、

投資を始めることは

政治や経済の勉強になります。

会社の業績がなぜあがっているのか、

為替がなぜ円高になっているのか、

そうしたことを理解するために

自然とニュースをよく読むようになります。

さらに金融市場は

グローバルに動いていますので、

国際感覚も身につきます。

・どういう環境なら積立投資が有利?

積立投資が一番威力を発揮するのは

株価が下落したあと、その後上昇する場合です。

これが一番積立投資にとって有利です。

たとえばこちらの図

①の場合

元の価格から半値になってしまっているのに、

積み立てていると、収益はプラスです。

また、②の場合

株価が戻っただけなのに、

2倍以上の利益になっています。

一度下がると、戻る局面で儲かる

これが積立投資の魅力です。

こうした性質から、

これは株価が下がっても、

「安いときに買えてらっきー」と考えることができます。

これは精神的にとても楽になります。

ただ、注意したいのは右肩上がりの場合です。

その場合、

一括投資であれば儲かりますが、

積立投資ではそこまで儲かりません。

また、最も行けないのが

最初に挙がったあと値下がりして

そこで辞めてしまう場合。

そうなると損失となります。

・リスクを抑えられる?

一概には言えないが、一括投資よりはリスクを押さえられます。

投資するタイミングを

長期間に分散させることで

リスクも分散されているのです。

こうした投資手法のことを

「ドルコスト平均法」ともいいます。

・シミュレーションしてみよう

自分がいくら投資すべきかわからないかたは

是非一度シミュレーターで計算してみてください。

シミュレーターはWEB上で無料で使うことが出来ます。

(各証券会社が設置しています)

例えばこちらは楽天証券の

積立かんたんシミュレーションです。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

このシミュレーターによると

月1万円を20年か積み立てた場合、

年利3%→328万円

年利4%→366万円

年利5%→411万円 になります。

20年ずっと貯金しただけだと、

240万円ですので、

投資の効果はとても大きいのが

分かると思います。

・積立投資に適した商品は?

次に積立投資の対象として

なんの金融商品を選ぶかです。

ここで気にしてほしいのが「手数料」です。

手数料はできる限り安いものを選びましょう。

積立投資は月に1度買い付けますし、

長期間金融商品を保有することになります。

売買のたびに手数料がかかったり、

保有している金額にかかってくる手数料である

「信託報酬」が高いと

手数料が利益を圧迫してしまいます。

こうした観点から、

投資信託のうち、

「ノーロード」といわれる、

売買手数料がかからないもの。

さらにそのうち、

「信託報酬」が安いものがおすすめです。

・値動きはある程度出るものを買おう

ただ、

積立投資はある程度値動きがでないと、

長期の利益を得にくくなっています。

国内債券だけなど、

リスクが極端に低い商品は

積み立てて投資には向きません。

一定の割合で

「株式」が投資対象に入っている投資信託を選びましょう。

このサイトでは

以下の投資信託をおすすめしています。

投資信託を買いたいけれども、どれを買えばいいか分からないですよね? 本記事では積み立て投資におすすめの投資信託をご紹介します。 投資信託選びで損をしたくない方必見です。

・わからなければ金融庁の推奨も参考に

ただ、投資信託というのは各社が販売していて、

その数は膨大です。

私のおすすめを選んでいただいても良いのですが、

これについては金融庁も積立におすすめの投資信託を選定しています。

こちらも参考にされると良いと思います。

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/target/index.html

・一番大切なことは?

積み立て投資で一番大切なこと、

それは続けること。

人間の性質上、

値下がりが続くとどうしても不安になって

早く売ってしまおうと思います。

また、

値上がりが続くと

早く利益がほしくなって

早く売ってしまいがちです。

しかし、これでは長期投資になりません。

始めに決めた

毎月いくら買う

というルールを

ずっと続けることが大切です。

・どうやって始める?

積立投資を始めるには

証券口座を開かないと行けません。

自分にあった証券会社を選ぶ必要があります。

こちらの記事では

証券会社の選び方を

まとめておりますので、

これを参考に証券会社で口座開設をしてください。

おすすめの証券会社を知りたいですか?本記事はNISAを開くのにおすすめの証券口座をご紹介します。これからNISAやつみたてNISA口座を開く方必見です。

・まずはやってみよう!

初心者の方は

まずは少額で良いので

はじめてみることが何より大事です。

ちょっと買ってみて、

システムを理解して、

それから本格的に投資の勉強を始めるのも

ありだと思います。

さぁ、

投資の世界に飛び込んでみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。