ソフトバンク 上場価格は1500円で変わらず! ひとまず安心してOK

ソフトバンクのブックビルディングがおわりました。

売り出し価格は1500円に決まったようです。

国内通信サービス会社のソフトバンクは10日、新規株式公開(IPO)時の売り出し価格を1500円にすると発表した。異例の一本値で決まっていた仮条件と同じ。売り出し価格を基に計算した資金調達額は最大2兆6500億円で、上場時の時価総額は7兆1800億円となる。東京証券取引所へ19日に上場する予定。需要動向に応じて追加するオーバーアロットメント分を含めた売り出し株数はおよそ17億6400万株。(ブルームバーグより)

ソフトバンクのリリースを見てみると、

以下2点が書いてあります。

  • 申告された総需要株式数は売り出し株式数を十分に上回る状況だった

  • 申告された需要件数が多数にわたっていた

要するに人気は殺到していて、買い手も多数に渡るようです。

IPOは抽選になりそうで、ひとまず安心のようです。

・個人投資家の中にはキャンセルした人も?

ただ、先週の通信障害やファーウェイの幹部逮捕を受けて、

IPOの申し込みをキャンセルした人もいたようです。

19日の新規上場を目前に控えた国内通信大手ソフトバンクを巡り、投資家に動揺が広がっている。6日に大規模な通信障害が起き、7日には総務省が行政指導を検討していると伝わった。親会社のソフトバンクグループ(SBG)が最大で約2兆6000億円のソフトバンク株を市場で売り出す過去最大の上場案件。投資家の申し込みが殺到するもっとも重要な局面で想定外の事態が起き、個人投資家の一部で購入をキャンセルする動きが出ている。現時点で19日の上場スケジュールに変更はなさそうだが、ソフトバンクが緊急で機関投資家向けに電話会見を開くなど、混乱回避に躍起になっている。(日経新聞より)

株価全体も下がっていますので、不安になる方も多いのかなと思います。

・戦略は初値で売りで変わらず

さて、このあとIPOの抽選が行われますが、戦略としてはどうでしょうか。

ひとまず初値で高値をつけた後、売りが先行するのかなと思います。

ソフトバンクは配当が5%と超優秀ですが、

さすがにこの地合だと、初値からさらに上がっていくというのは考えづらいでしょう。

いちど初値で離隔したあと、値動きを見極めて再エントリーというのが賢明かと思います。

・ソフトバンクの電波弱くなってない?

ところで、私はソフバンユーザーなんですけど、通信障害以降、通信が重くなってませんか?

気のせいならいいんけど、まだ影響って続いているんですかね?

これから再発防止のためにさらなる設備投資が必要になると思いますし、

通信事業の先行きはそんなによくなさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。