「あること」を忘れると途端に金が貯まるようになる

このサイトでは主に資産運用についての話題を取り上げますが、

運用する資産がなければ話になりません。ある程度の貯金は必須です。

ただ、貯金をするのが苦手という方多いですよね。それ、正常です。

人はお金があれば使うようにできていますし、そのことは全く恥じる必要はありません。

ただ、そんな人でも簡単に貯金できる方法がありますので、ご紹介します。

それはあることを忘れてしまうことです。

・「貯金していることを忘れる」

そのあることとはずばり「貯金していること」です。

貯金していることを忘れ、

手元にあるお金でやりくりしていれば知らぬ間にお金が貯まっていきます。

たとえば手取り20万円の方が毎月5万円貯金するとします。

給料日に5万円を貯金に分けて、残り15万円で生活します。

ここでポイントは「自分は手取り15万円なんだ」と思い込むことなのです。

そうすると普段の消費の判断にもメリハリが出てきます。

「手取り15万しかないのに、ここで使って良いのか?」と考えるようになるでしょう。

家賃は高すぎないか?服を買いすぎていないか?いろいろ考えることができると思います。

・貯金を忘れるコツ①:給料日に別の口座に貯金分を自動振り込みする。

でも、「貯金を忘れる」というのは簡単なようで実に難しい。

そこで、貯金を忘れるテクニックをいくつかご紹介します。

一つは自動化することです。

会社員の方は会社から給料が自動で振り込まれると思います。

そこで、給料が振り込まれたら自動で一定額を別の口座に振り込むように設定しましょう。

ようは自分で「天引き」するのです。

あらかじめ給料から天引きされれば、間違って使ってしまうことはなくなります。

多くの銀行では毎月決まった日に自動振り込みの設定ができるはずです。

よく、家賃の支払いなどに使いますが、これの振込先を自分の別の口座にします。

ここで、一つ注意は振込手数料のかからないようにすることです。

毎月手数料を取られたら、せっかくの貯金が台無しになってしまいます。

私は住信SBIネット銀行を使っています。条件はありますが、振込手数料はかかりません。

ちなみに会社によっては給料の一定額を2つ目の口座に分けるサービスもあるようです。

そういった事ができるなら利用してもいいですね。

・貯金を忘れるコツ②:貯金用の口座を用意する

コツの2つ目は振込先は貯金専用の口座にすることです。普段は一切使いません。

キャッシュカードも通帳も家にしまっておいて、手をつけないようにするのです。

貯金専用にすることで、今いくら貯まっているのか、

どれくらい貯金が続いているか後で確認することも簡単になります。

・貯金を忘れるコツ③:口座の残高を確認しない

で、最後に貯金専用口座については通帳への記帳など、口座残高の確認をやめましょう。

見ると「今貯金がいくらあって・・・」ということを考えてしまい、

無駄遣いにつながります。

当然マネーフォワードなどの家計簿アプリとの連携もNGです。

まとめ:ポイントは天引きと自動化

まとめると貯金のポイントは

「給料から貯金を天引きすること」そしてそれを

「自動化」してほったらかしにしておくことです。

そうすることで、貯金を忘れることが可能になります。

仮に月5万円を天引き設定して放っておけば、2年足らずで100万円貯まりますよ。

おまけ:さらに積み立て投資の設定も自動化しよう

お気づきの方も多いと思いますが、この貯金方法は積み立て投資との相性が抜群です。

貯金専用の口座からさらに証券口座に自動で入金設定をして、

証券口座で投信の積み立て設定をしておくことで、

自動で積み立て投資を行うことも可能です。

証券口座ならいちいち残高のチェックもしないでしょうし、コツ③も簡単に守れます。

そして積み立て投資の最大の武器であるドルコスト平均法による長期投資も可能です。

貯金のさらに一部を積み立ての自動化に応用してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。