【三体】最近読んだ本の話【SF小説】

こんにちは、きよしです。

今日は最近読んだ本で面白かったものをご紹介したいと思います。

それが中国のSF小説「三体」です。

ハードカバーでかなり分厚いこの本ですが、本格的なSF小説でした。

三部からなっていて、日本語訳は第一部と第二部上下巻が販売されています。第三部は来月発売予定のようです。

帯を見るとあのオバマ元大統領やフェイスブックのザッカーバーグCEOも絶賛してるということで、中国だけでなく、アメリカでもひと流行りしているようです。

内容はネタバレになってしまうので、あまり書けませんが、題名にある「三体」とは「三体問題」という、三つの天体がお互いに引力で引き合いながら動くときにどのような軌跡を描くかという物理の話から取られています。

SF、特に宇宙の話が出てきますので、その辺りが好きな方は特にオススメです。

もちろん知識がなくても全く問題なく読めます。

ただ、全体的に文章が長いし、登場人物の多くが中国人で名前の読み方がよくわからないのが難点。

一応登場人物表が本についているので、それで照らし合わせる作業がちょっとめんどくさかったです。

コロナで家にいる機会が多いと思いますので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする