NISA開くならSBIか楽天か、おすすめはどこ?

最近リアルで会う人に「NISA口座を開設したいのだけど、初めて証券口座開くならどこがいいの?」とよく聞かれます。

これまでも、結構聞かれた質問なのですが、

私は「自分はSBIを使っているが、初めてなら楽天証券」と回答しています。

今日はこれついて詳しく解説していきたいと思います。

それでは、宜しくお願いします。

•対面証券はNG

まず、証券会社には2種類あります。

それが、対面証券とネット証券です。

対面証券は野村證券とか大和証券とか銀行系証券。ネット証券はSBI証券や楽天証券、マネックス証券などがあります。

このうち、対面証券は社員が電話や店舗で注文を受けたり、資産運用の相談に乗ったりしてくれるものですが、その分、手数料を取られます。どちらかというと経営者など富裕層向けのサービスです。

庶民の私たちは黙ってネット証券を選びましょう。

•ネット証券の業界大手

次にネット証券の中から一つの会社を選びます。

ネット証券といえど、最近はIT企業も証券業に多く参入してきていますので、会社はピン切り。

ただ、これから大切なお金を預けるわけですからネット証券の中でも大手の証券会社がいいでしょう。

ネット証券業界は5つの大手があります。

SBI、楽天、マネックス、カブコム、松井です。

この5つであれば、基本どこでも同じようなサービスを受けられると思いますが、それぞれの証券会社で細かな特徴の違いがあります。

•ネット銀行との連携

ここで、私がお勧めしたい選ぶ基準はネット銀行との連携です。

ネット銀行との連携がスムーズだと証券口座の資金管理がしやすくなります。

5つの大手ネット証券のうち、グループにネット銀行を抱えているのはSBIと楽天です。

なので、この2社のどちらかで開くといいでしょう。ちなみに業界1位がSBI。2位が楽天です。

•SBIか楽天か

では最後にどちらで口座を開くか考えてみます。

それぞれのメリット、デメリットを見てみましょう。

•SBIのメリット•デメリット

住信SBIの特典が優秀

グループのネット銀行、住信SBIネット銀行のATM利用の特典が非常に優秀です。

簡単な条件を満たせば月に7回コンビニATMの利用が無料です。

住信SBIの特典については過去の記事をご参照ください。

3月になりました。どうもきよしです。 今月からみずほ銀行のマイレージ特典が 大幅に改悪されました。 これまでみず...

Tポイントが貯まる

また、SBIはTポイントと連携しています。

投信を保有していると、その保有額に応じてTポイントが貰えます。

まぁもらえる額は微々たるものですが、何もせずにポイントが貯まるのは嬉しいです。

ハイブリッド口座への移行に一手間

SBIのデメリットが銀行と証券の口座を連結させているハイブリッド口座という口座の利用が若干めんどくさいというところにあります。

後述する楽天証券にはマネーブリッジという機能があり、自動で証券口座のお金を銀行口座に移す設定ができるのですが、SBIのハイブリッド口座ではそれができません。

他の銀行から証券口座にネット銀行経由でお金を入れようとすると、

「他の銀行→住信SBI普通口座→住信SBIハイブリッド口座」と2回作業が必要になります。

また、ハイブリッド口座に入っているお金は直接引き出せませんので、引き出すときも

「ハイブリッド口座→普通口座→コンビニATM」と2回作業が必要になります。

このめんどくささがデメリットです。

•楽天のメリット•デメリット

楽天カードでポイントが貯まる

次に楽天証券のメリットを見ていきます。

まず最大のメリットは楽天カードで投信が買えることです。

月5万まで月初の積み立て限定ではありますが楽天証券では、楽天カードで投信の購入ができます。そしてその購入に1%の楽天ポイントが付与されます。これは超優秀な制度です。

投資の面から言えば常に年1%の利回りが確保されているのと同義ですので、これを利用しない手は無いと思います。

マネーブリッジが優秀

また、楽天銀行との連携が非常に優秀です。

マネーブリッジという機能を使うことで銀行口座と証券口座を一体運用できます。

投信を買うときに銀行にあるお金をいちいち証券口座に移し替える作業がなくなりますので、とても便利です。

銀行のATM特典はやや弱い

一方、前述したSBIネット銀行に比べると楽天銀行のATM特典はやや弱く、頑張らないと月複数回の利用が無料にはなりません。ここはデメリットです。

•結論

以上考えると

僅差で楽天証券がおすすめ!

という結論になりました。

やはり、なんだかんだ一番の決め手は楽天カードのポイントかなと思います。

ちなみに私は積立投資を始める前から住信SBIネット銀行のユーザーだったので、SBI証券でNISA口座を開いていて、楽天証券でも積立投資をしています。

もし、今から投資を始めるとなったら、まずは楽天証券と楽天銀行の口座開設から始めるかなと思います。

というわけで、私が楽天証券をお勧めする理由は以上になります。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

それでは!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする