【検証】インデックス投資の「利回り4%」は本当?過去10年分を調べてみた

・利回り4%は嘘?円高や配当は?

インデックスファンドに投資すると

どのくらいのリターンが期待できるのか?

よく言われるのが

「年間で4~5%程度の利回りが期待できる」

というものです。

ただ、これは本当でしょうか?私はちょっと疑問です。

そもそも、ドルで投資するアメリカ人と円で投資する日本人で

利回りは大きく変わるはず。

加えて最近の株式市場を見てみると、

米国株は年間で5%以上のリターンが出ているようにも感じますし、

一方で、為替や配当再投資の影響も全く考慮されていないと思います。

そこで今回は、

日本人が円で米国株のインデックスに投資すると

どれくらいのリターンが過去にあったのか、

投資信託の値動きを見ながら、検証してきたいと思います。

年間で4%というのは正しいのでしょうか?

それではどうぞ!

・SMTAMダウ・ジョーンズインデックスファンドで検証

今回の検証では

三井住友トラスト・アセットマネジメントから販売されている

三井住友TAM-SMTAMダウ・ジョーンズインデックスファンドを使って

検証していきたいと思います。

なぜこの投資信託で検証するかというと、

設定日が2009年8月と古く、

証券会社のサイトで値動きが10年以上追える

数少ない米国株インデックスファンドだからです。

値動きは御覧の通りです。

このファンドはダウ平均に連動するインデックスファンドです。

為替ヘッジはありませんので、

基準価格の中に、円高リスクと配当再投資が含まれています。

また、信託報酬はちょっと高めの1%です。

古い投資信託なのでしょうがないですが、

いまだったら、もっと信託報酬が安い投資信託を買ったほうがいいですね。

今回は検証のためだけですので、そこは気にしないで行きます。

各年末の基準価格を比較して利回りを見ていきたいと思います。

検証結果は以下のようになりました。

・検証結果:5年で+7%、10年で14%

検証結果は御覧通りになりました。

2011年末から2020年6月末までの成績は御覧の通り

この5年の平均は7%

この10年の平均は14%でした。

やはり最近の結果では、

通説の4~5%を大きく上回る結果でした。

・1年で数%に収まるときは少ない

今回の検証でわかったことは

前年比で±数%で収まっているときは少ない」ということです。

年50%もプラスになることもあれば、

2桁のマイナスになることもあります。

それを均すと数パーセントに収まっているというものです。

得てして

「株式の期待利回りは7%」と言うと

年々着実に7%上がっていくイメージを持ちますが、

そうではないことに注意してください。

やはり株式投資には

それなりのリスクが伴っているということです。

・まとめ:早期の利益確定売りは注意!

株式投資の利回りは

2桁の上昇もあれば、2桁の下落もあり、

均すと数パーセントの上昇が期待できることがわかりました。

これが意味することは、

早期の利益確定は要注意

ということです。

たとえば、ことしは1年で10%プラスになっているから

そろそろ利確しようとおもって売ってしまうと、

本来稼げるときに稼げず、

のちの下落局面で利益を減らしてしまう可能性があります。

期待利回りを上回るリターンを上げていたとしても

それはのちの下落に備えるための含み益だと認識して、

安易に利確しないようにするといいでしょう。

わたしも、含み益が乗ってくると

利益を確定させたくなる衝動にかられますが、

決して早まらず、我慢したいと改めて思いました。

というわけで、きょうはここまで。

この記事が皆さんの長期投資の参考になれば幸いです。

それではまた!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする