グロ3を半分以上売却!その理由は?

NASDAQを中心に株価が暴落した先週末。

保有している投信のリバランスを行いました。

具体的には

保有しているグローバル3倍3分法ファンドを売却し、

売却した分をS&P500NASDAQに積み増しました。

グロ3は去年の4月ごろから積み立て投資を続けてきて、

今回その半分以上にあたる、120万円分ほどを売却しました。

今回の売却で6万円ほどの利益が出て、

これは率にすると5%ちょっととなっています。

1年半で5%の利益でしたので、

運用成績としては若干物足りない気もしつつも、

コロナショックもあった中での5パーセントなので

十分な運用成績だったといえるでしょう。

・なぜ売却したか?

さて、なぜ積み立てていたグロ3を

わざわざ売却したかということについてですが、

理由は単純明快で、

1年以上積み立ててみて

リスクリターンのバランスが株式インデックスファンドとあまり変わらない

と感じたからです。

こちら、ここ1年のグローバル3倍の値動きと、

S&P500連動投信の値動きです。

・グローバル3倍3分法ファンド

・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

多少違いもありますが、大体同じような値動きですよね。

(むしろS&P500のほうがやや右肩上がり)

特にグロ3の急落の時の局面を見ていただきたいのですが、

債券中心の運用をしているにもかかわらず、

株式だけのファンドと同じように急落しています。

これではリスクに強いとは言えないですね。

リスクが同じなのであれば、信託報酬の安いS&P500にしたほうが

良いのかなと思いました。

・金利の低下も期待できない

また、グロ3売却のもう一つの理由が

今後の金利の低下が期待できないという点です。

アメリカの10年金利は、現在御覧のような状況です。

ご存じのように、このコロナショックに対応するため、

FRBは2020年に大幅な利下げを行いました。

その結果、2018年末には3%程度あった長期金利は現在では0.7程度。

これ以上の金利の低下(債券価格の上昇)は難しいでしょう。

グロ3はその主力が債券ですので、

これ以上債券価格の上昇が込めないとなると

投資対象としての魅力が低下してしまいました。

・NISA口座では引き続き長期保有

今回、一般口座で保有していたグロ3はすべて売却してしまいましたが、

NISA口座で保有しているグロ3には一切手を付けていません。

こちらはNISAの満期まで保有を続けるつもりです。

もしかしたら、このあとREITなどが巻き返して

グロ3がS&P500をオーバーパフォームする可能性もあります。

その時にまったくもっていないのは悔しいので、

一部は売らずにとっておきたいと思います。

・やはりインデックス投資は強い!

今回の売却で思ったのは

やはり「インデックス投資は強いなぁ」ということです。

どうしても、ほかの投資信託だと

インデックス投資をいかに上回っているかで

パフォーマンスの評価が決まります。

それが、時に大きなストレスになることがあるのです。

インデックス投資であれば、

たとえ値下がりしても、「全体が下がっているから」と

諦めがつきますし、

ほとんど手数料を払っていないということも考えると、

精神衛生上とてもよく、自然と長期保有につながっていきます。

もちろんいろんな投資商品をくらべてみることは

とても大事ですが、

迷ったらインデックス型の投資信託。これは鉄則だと改めて感じました。

それではきょうはここまで!

今日の記事が皆さんの積立投資ライフの一助になれば幸いです。

それでは!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする