NZAM・ベータ NASDAQ100の特徴とデメリット

NZAM・ベータ NASDAQ100

・このファンドの特徴

IT企業が多く上場するアメリカのNASDAQに上場する100社に投資するインデックスファンドです。

アップル・グーグル・マイクロソフトなどアメリカの有名なIT企業に幅広く投資をすることができます。

・投資先

1 APPLE INC
2 MICROSOFT CORP
3 AMAZON.COM INC
4 FACEBOOK INC-A
5 ALPHABET INC-CL A
6 ALPHABET INC-CL C
7 TESLA INC
8 NVIDIA CORP
9 PAYPAL HOLDINGS INC
10 NETFLIX INC など

・設定来の値動き

・購入にかかる手数料

・信託報酬…0.44%

・買付手数料…なし

・この投資信託のメリット

・成長著しいGAFAMに気軽投資ができる

・コロナ後いち早く最高値を更新中

・アクティブファンドより手数料が少ない

・この投資信託のデメリット

・業種が偏っているため、分散投資にはならない

・値動きが激しい

・S&P500よりも信託報酬が高い

・総合評価

日本の投資信託の中で、

数少ないNASDAQ100に投資できる投資信託です。

アップルやグーグルなどGAFAに一気に投資できるので、

高いリターンが期待できます。

一方で、IT企業に投資先が集中しますので、

分散投資が目的の方にはお勧めできません。

S&P500に投資しつつ、

ハイテクの割合を増やしたい場合に

追加で買うのに適した投資信託といえるでしょう。

ミドルリスクミドルリターンを求める方にお勧めです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする