2020年5月第3週投資結果報告、セルインメイ始まった?

みなさんこんにちは、

どうもきよしです。

さて、緊急事態宣言ですが、

都市部以外は解除されてきましたね。

経済も徐々に戻っていくんでしょうか。

緊急事態宣言 39県を解除 首相「県境越える移動自粛を」

政府は14日夜の新型コロナウイルスに関する対策本部で、緊急事態宣言を39県で解除すると決定した。新型コロナに重点的に対応する「特定警戒都道府県」に指定していた茨城、石川、岐阜、愛知、福岡の5県と、特定警戒ではなかった34県を宣言の対象から外した。安倍晋三首相は解除した地域を含め「今月は県をまたぐ移動を可能な限り控えてほしい」と語った。

決定は同日、官報に公示され、効力が発生した。政府が4月7日に7都府県に宣言を出してから解除をするのは初めて。

日経新聞より

ただ、株価の方は軟調です。

今週は長期投資の神様である、

ウォーレンバフェットが株をバカ売りしていることが話題になりました。

バフェット氏、ゴールドマン株8割売却 金融危機で出資

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが保有銘柄の見直しに動いている。保有するゴールドマン・サックス株の8割を3月末までに売却していたことが15日、明らかになった。バフェット氏は米銀株を好み、多額の資金を振り向けている。2008年のリーマン・ショック時にゴールドマンに出資し、その後大株主となっていた。

バークシャーは四半期に1度、米証券取引委員会(SEC)に提出する保有株報告書の中で明らかにした。調査会社ファクトセットによるとバークシャーは2019年12月末時点でゴールドマン株を3%保有する上位10株主の1社だった。売却理由については明らかになっていない。

日経新聞より

さて、

投資の神様に反して、一切投信を売っていない

わたしのポートフォリオはどんな感じでしょうか。

見ていきましょう!

・投信積立:-38万円

まず、メインのSBI証券の投信積立です。

投資結果はご覧の通りです。

含み損は38万円程となっています。

うーん、なかなか戻りが鈍いですね。

含み損は仕込み時!

そう言い聞かせて長期投資を続けていきましょう!

・ウェルスナビ:-2.5万円

続いて、ウェルスナビです。

ご覧の通りです。

含み損は2.5万円となっています。

こちらも地道に続けていきましょう!

・体調を崩しました

今週はちょっと体調を崩してしまい、

ダウンしてしまいました。

新型コロナではないです。

ただ、結構つらい思いをしました。

療養中に思いましたが、

やはり、人間の幸福は結構あってこそですね。

お金がいくらあっても、健康は買えません。

過度な節制で体を壊したり、

働きすぎて体を壊すのは本当に本末転倒です。

投資はあくまで結構あってこそ。

それを肝に銘じて、精神衛生上も安定できる範囲で

投資を楽しみましょう!

それでは、きょうはここまで!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

それではまた!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする