ビジネス書レビュー「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」

緊急事態宣言が1か月ほど延期されることになりましたね。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

どうも、きよしです。

さて、在宅勤務や自宅待機で時間を持て余している方多いのではないでしょうか?
どうぶつの森に時間を費やすのもいいですが、
せっかくの機会ですので、ビジネス書でも読んでみませんか?


わたしも読書の時間が増えてきています。
そこできょうは、この大型連休中にも読みたいビジネス書を
ご紹介したいと思います。

・「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」

今回紹介するのは
「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」です。

作者のジェイエル・コリンズさんは
アメリカの有名な投資ブロガーだそうで、
投資に成功するコツがまとめられています。

ざっと要点をまとめますと

・収入の半分を投資に充てよう
・投資は米国株のインデックスに一括投資
・出口は債券投資も活用しよう

シンプルです。
ただ、ちょっと私と考え方が違うところもありますので、
詳しく見てみたいと思います。

・ドルコスト平均法より一括投資


ただ、違うところは作者はドルコスト平均法を否定していて、
できる限り一括投資しろといっています。
ここはほかの投資家と違うかなと。

理由として、作者は

ドルコスト平均法による積立投資は
株価が下がる方向に賭けていることになる。
しかし、株価は右肩上がりなのだから
一括投資が望ましいと説明しています。

この論理なのですが、正しいと思います。

右肩上がりが前提であれば、時間をかけて購入するよりも

すぐにすべてを投資に充てた方がリターンが高くなります。

・初心者には積立!

確かにその通りなのですが、
それでもやはり、私はドルコスト平均法による積み立てをおすすめします。

今回のようなコロナショックで身に染みた方も多いと思いますが、
突発的なショックが起きると
回復するまでに年単位の時間がかかり、
そのあいだに特に初心者の方などは右肩上がりを信じ切れず
投資をやめてしまう可能性があるからです。
一方、積み立てであれば、下がったタイミングでは
安くなって投資がしやすくなるので、
ショックがあっても積立やすくなります。

やはりわたしは一定程度下がることも想定して
ドルコスト平均法で積み立てていくことをおすすめします。

その他、
「借金はするな」とか、
「住宅や車もローンを組むな」などと
当たり前とはいえ、投資をしていると忘れてしまいがちな
基本ルールを再確認できました。

投資初心者だけでなく、
投資になれてきた方にも非常におすすめのビジネス書でした。

たぶん3時間くらいあれば読了できるとおもいますので、
是非一読してみてはいかがでしょうか?

今日も記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事が皆さんの読書ライフに一助になれば幸いです。

それでは!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする