軽減税率は本当に必要か? どんなときに8%?10%?

今8%の消費税ですが、来年10月からは10%になる予定です。

一方で一部の商品は8%となる「軽減税率」が導入される予定です。

でも、この軽減税率ほんとにわかりづらくなっています。

・コンビニの「イートイン」と「持ち帰り」で税率が違う

一番混乱しそうなのは外食と持ち帰りで税率が違うことです。

コンビニの場合、イートインは外食とみなされ10%の一方、持ち帰ると8%になります。

このほか牛丼屋でもその場で食べると10%で持ち帰ると8%になります。

そもそもなぜ外食と持ち帰りで税率が違うんでしょう?

「外食は高級だから課税、持ち帰りは家庭的だから軽減」という考え方なんでしょうけど、外食っていまやどこの家庭でもやりますよね?

っていうかコンビニのイートインとか牛丼屋とかで夕飯食ってる人って立派な庶民派ですよね?同じ商品なのに税率が違うなんてやめた方が良いです。

・軽減税率を決めるのは政治家、それは「特権」につながる

じゃあコンビニの商品はぜんぶ8%とか決めればいいんですが、そうするとじゃあ牛丼屋は?ファミレスは?立ち食いそば屋は?となるわけです。最終的に決めるのは政治家になるわけですが、これって一つの特権なわけですよ。

つまり、コンビニの皆さん軽減税率の対象にするんで献金してねとか。そういう風になるに決まってます。基本的にこういった特権は無くした方が全体的な利益につながります。なので増税するなら一律ですべきだし、そうでなければそもそも増税なんてやめればいいというのが私の考え方です。

・そもそも増税する必要はあるのか?

で、ここからはそもそも論なんですが、来年10月に本当に増税なんてできるんですかね?

いま、世界的な景気は回復しているといっても原則の兆しを見せています。2020が終われば日本でも景気がどうなっているかわかりません。そんななか増税して景気を冷え込ませるなんて自殺行為じゃないですか。

日本は高齢化に伴って社会保障費が増えています、これにともなって歳入を増やす必要があるわけですが、まずは歳出を削減することが先なんじゃないでしょうか?

お年寄りの病院代に多額の税金をつぎ込んでいるいまの状況をまずは検証し直した方が生産的な気がしますけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。