2020年2月第3週投資結果報告、最高値更新!でもコロナが…

3連休いかがお過ごしでしょうか?

休みはあっという間に終わってしまいますね。残念。

それでは、先週までの投資結果報告です。

・投信積み立て:+120万円

まずはメインの投信積み立てです。

以下のようになりました。

含み益は+120万円。だいぶ好調ですね。

・米国株ETF:+13万

続いて米国株ETF。

含み益は+13万円。こちらは持ち株の変更はありませんでした。

・ウェルスナビ:+2.9万円

さいごにウェルスナビ。

こちらは+2.9万円。

30万円まであともう一歩となっています。

・トータルリターン:+135万円

というわけで、トータルリターンは+135万円でした。

先週から+13万円です。

先週は株も債券も上がってましたので、当然でしょうね。

ただ、今週はなんだかやばそうですね。

・今週の投資方針

今週ですが、ヨーロッパでもコロナの感染者が出ていることで

株価が下がりそうです。

きょうは日本が祝日で市場が開いていませんが、

アジア市場で株価が暴落してます。

アジア株 各地で値下がり コロナウイルス感染拡大への懸念

週明けの24日のアジアの株式市場は、新型コロナウイルスの感染拡大が経済に及ぼす影響への懸念から各地で株価が下落し、中でも、感染者が急増している韓国では、3%を超える大幅な値下がりとなりました。

アジア各地の代表的な株価指数の終値は、先週末と比べて、▽韓国がおよそ3.8%、▽ベトナムがおよそ3.1%、▽フィリピンがおよそ2.4%と大幅に下落したのをはじめ、▽香港がおよそ1.7%、▽台湾が1.3%の下落でした。また、▽オーストラリアも2.3%の大幅な値下がりでした。

市場関係者は、「新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、各国の経済に与える影響への懸念が強まっている。とりわけ、感染者の数が急増している韓国では、株価が大きく下落していて、投資家は、各国政府が感染拡大の防止に向けて、どこまで有効な対策を打ち出せるかにも注目している」と話しています。

NHKより

このブログでも何度も触れていますが、

コロナウイルスはいつかは収まります。

ウイルスで株価が下がっている分は

いずれ戻ると考えています。

値下がりする局面もあるでしょうが、

淡々と積み立てていくことが大切です。

きょうはここまで!

みなさんよい良い1週間を!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする