「日経平均」と「TOPIX」の違い どっちに投資すべきか?

日本の株価を代表する指数といえば

「日経平均(NIKKEI225)」と「TOPIX」があります。

投資信託で「日本全体の株式に投資します」となっていれば、

このどちらかに連動している場合が多いです。

結論から申し上げますと、

私は「TOPIX」の方を推しています。

 

ニュースでも良く目にするこの二つの指数(インデックス)ですが、

違いは何なのでしょうか?

これを理解していると投資がもっと楽しくなると思いますので、

以下で解説したいと思います。

そもそも株価指数(インデックス)とは?

そもそも株価指数というのはなんなのでしょうか?

株価指数というのはいくつかの銘柄の株価を元に計算される数字です。

日本株の指数である日経平均TOPIXのほか、

米国株の代表的な指数であるダウ工業平均、NASDAQ総合指数、S&P500

それにドイツのDAX、中国の上海総合などなど。

各国に一つは有名な指数があります。

 

日本を代表するのが日経平均TOPIXですが、

このほかにもJPX日経400、東証マザーズ指数など

グループの分け方によっていろんな指数が存在します。

 

日経平均株価とは?

日本で最も代表的な指数といってもよい、日経平均株価。

「日経」とは日本経済新聞社のことで、

日本経済新聞社が選んだ

日本を代表する大企業225社の株価の平均を取ったものです。

(厳密には細かい計算がありますが)

 

この225社については

1年に数社のペースで

定期的に入れ替えが行われます。

日経新聞が基本的には

経営の良好な企業を選出しようとしています。

そのほか、業種が偏ったりしないよう

バランスを取っていたりします。

 

TOPIXとは?

一方、TOPIXは東京証券取引所が作っている指数です。

東証1部に上場している

2000社を超える全ての会社の株価を元に計算されている指数です。

計算は時価総額に応じて算出されます。

したがって、TOPIXに投資するということは

時価総額に応じて資産を市場全体に分散させることになります。

 

日経平均よりも数が多く、より市場全体の株価を反映しているといえます。

単位は円ではなく、ポイントです。

日経平均とTOPIXの違いまとめ

 

有名なのは日経平均。だけど・・・

では、どちらに投資すべきか。

やはり有名な方、

というか多くの投資家が気にしている指数は日経平均株価です。

そういう意味では日本に投資するということで

日経平均に連動する投資信託に投資するというのはある意味あたりまえです。

 

ただ、私はどちらかと言えばTOPIXを大切にすべきだと考えています。

その理由の一つは日経平均株価の特徴に問題があると考えているからです。

日経平均株価は基本的に単純平均なので、

1株あたりの株価が高い銘柄の影響を多く受けることになります。

いわゆる値がさ株といわれる

「ファーストリテイリング(ユニクロ)」や

「ソフトバンクグループ」といった企業の株価です。

例えば全体が上がっていても

「ユニクロ」の株が大きく下がっていると

日経平均が上がらないと言った現象が起きています。(逆もまたしかりですが)

 

つまり、日経平均に投資すると言うことは

ユニクロやソフトバンクに

多めに投資をすると言うことです。

これは分散投資の原則に反しています。

対してTOPIXは時価総額ベースで計算されるため、

より市場全体の影響を受けやすくなります。

・日経平均とTOPIXの違いまとめ

日経平均もTOPIXも日本の市場を示す重要な指標で、

基本的には連動することが多いですので、

そこまで違いを気にする必要は無いと思います。

ただ強いて言えばより市場全体に分散投資できるTOPIXをベースに考えた方が

積み立て投資には向いていると思います。

もし、どちらか迷ったら私はTOPIX型をおすすめします。

アメリカ株についてはこちら

世界の経済の中心はやはりアメリカ。 インデックス投資でも日本以外であれば、アメリカ株を選択している人も多いと思います。 私も多く...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。