【徹底評価】グローバル5.5倍バランスファンドの特徴とリスクは?

私がメインで積み立てております

「グローバル3倍3分法ファンド」を販売している

日興アセットマネジメントから

なんと、同じコンセプトでさらにパワーアップした

投資信託が販売されることになったようです。

まだ、会社からの公式なアナウンスはされていませんが、

関東財務局に資料が提出されましたので、

さっそく内容を検証してみたいと思います!

現在絶賛積立中のグローバル3倍3分法については

こちらの記事をご覧ください。

今話題の投資信託グローバル3倍3分法ファンドへの投資を始めました。 仕組みや運用実績を解説します。新たに投資信託の購入を検討されている方必見です。

・グローバル5.5倍バランスファンド(愛称:ゴーゴー・バランス)

名前は「グローバル5.5倍バランスファンド」となっています。

レバレッジが5.5倍かかっているようです。

内容を詳しく見ていきます。

投資対象は

・債券が400%

・株式が100%

・REITが25%

・金が25%

となっています。

特徴①:債券が400%

レバレッジが5.5倍と聞くと

かなりリスクが高い印象を受けますが、

実態を見ると債券の比率がかなり高めですね。

こちらも

グローバル3倍3分法ファンドと同じように

債券の先物を使うようで、

債券だけで4倍のレバレッジがかかっています。

さらに内訳をみても

手堅い先進国の国債に限られているようです。

レバレッジが4倍と言っても、

実質的にはかなりリスクは抑えられている印象です。

特徴②:金が投資対象に

特徴の二つ目は

金(Gold)が投資対象になっています。

これ、普通のバランスファンドでは

あまり見られない特徴かなと思います。

金といえば

去年から今年にかけてかなり値上がりして

史上最高値圏になっています。

THE安全資産と呼ばれる金を保有して

さらにリスクを下げようという意図が感じられますね。

特徴③:REITは少なめ

金が入った代わりに

リート(不動産)はかなり少なめの25%となっています。

日本と海外あわせて25%ですので、

一般のバランスファンドと比べてみても

少なめなのかなと思います。

不動産価格はこれまでかなり値上がりして

バランスファンドの価格を底上げしてきただけに

これが吉と出るか凶と出るかは

今の時点ではよくわからないですね。

・気になる信託報酬はやや高め

さて、気になる信託報酬ですが、

以下のようになっています。

ざっと1%です。

普通のインデックスファンドとくらべても

かなり高いですし、

既存のバランスファンドとくらべても

かなり高めです。

レバレッジが5倍かかっているから、

高いコストは許容できるとの見方もありますが、

個人的には1%はちょっと高いかなと思います。

・とりあえず、続報を待ちたい!

以上、財務局に提出された報告書から

新しいグローバル5.5倍バランスファンドの特徴を

ざっと確認してみました。

コンセプトはグローバル3倍3分法ファンドと同じ。

それを5倍にしたうえで、

債券の比率を高め、金を加えることで、

リスクとリターンのバランスをとった商品になっていました。

商品は提出された書類によると

来月発売のようですが、

まだ会社からの公式アナウンスがないので、

今後、見てみたいと思います。

特に確認したいのが、シミュレーションです。

リーマンショックの際には

どういうモデルになっていたのか、

最近の値上がり局面では

どういった値動きになっていたのか

確認したいと思います。

私自身は

基本的にこのコンセプトは面白いと思いますので、

少し購入することを検討しています。

続報が入り次第

また情報をまとめてみたいと思います。

それでは!

追記:いよいよ発売になりました!

デメリットもわかってきました。

ついに発売です。グローバル3倍3分法の進化版。 グローバル5.5倍バランスファンド(ゴーゴー・バランス)です。 日興ア...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。