【謹賀新年】2019年の運用実績と2020年の投資方針

あけましておめでとうございます。

ついに2020年が始まりましたね。

東京ではオリンピックもありますし、

2020って響きも素敵で、わくわくする新年となりました。

私きよしも、

リアルの新年のあいさつ回りがひと段落しましたので、

新年一発目のブログの更新を

やっていこうと思います。

みなさんことしもどうぞ

よろしくお願いいたします。

とはいっても新年で株式市場はお休み、

そこで、きょうは去年1年間の資産運用を振り返りつつ

ことしの運用方針について

発表していきたいと思います。

・2019年運用実績は+14.41%

まずは去年の振り返り。

2019年1年間の運用実績を確認してきます。

私がメインで使っているSBI証券では

1年間のリターンを簡単に確認できる欄がありますので、

それをみてみますと、以下のようになっていました。

2019年のトータルリターンは106万円あまりで、

利益率は14.4%でした。

株式の期待利益率は5%程度と言われていますので、

かなり良い出来だったのではないでしょうか?

ほぼすべて自動で投信を積み立てていただけで

この成績です。

ただ、2018年はマイナスでしたので

その反動ということもできると思います。

一喜一憂せずに行きましょう。

・2020年も投資信託の積立投資

そして今後の投資戦略ですが、

基本的には去年と変わらず

投資信託の毎月の積立投資を主軸にしていきたいと思います。

グローバル3倍3分法ファンドなどのバランスファンドと

SBIバンガードなどの米国株指数に連動したインデックスファンドの両方を

相場を見ずに淡々と積み上げていきます。

・CFDにも挑戦してみたい!

また、株価指数にレバレッジをかけて運用する

CFDにも挑戦してみたいと思っています。

こちらについては昨年末にGMOクリック証券で

口座の開設を申し込みました。

年明けにも口座が開設されるのではないかと思います。

こちらもアメリカ株に積み立て方式で

投資していこうと思っています。

また詳しい投資戦略については

決まり次第ご報告させてもらえればと思います。

・みなさんにいい一年でありますように

2020年は鼠年。

鼠年は繁栄の象徴とされていて、相場の格言でも良い年であるとされています。

マーケットに参加するみなさんにも

いい年でありますようにお祈りしております。

そして

この積立投資研究所も

コンテンツをさらに充実させて、

初心者が投資を始めるにあたって役立つ情報を

提供してきたいと思います。

それではみなさん今年1年も

よろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。