【発見?】実はSBIバンガードよりeMAXIS米国株の方が得かも…

アメリカの代表的な株価指数S&P500に連動する

インデックスファンドで有名なものに、

SBI・バンガード・S&P500

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

2つがあげられます。

私はこの2つのファンド、

両方とも保有しておりまして、

最近は

新規の積立はSBIに一本化しました。

その理由は

信託報酬がSBIのほうがわずかに安かったからです。

しかし!

よくよく考えて見ると、

SBIバンガードよりもeMAXISの方が得かもしれない?

という事実がわかってきました。

きょうはその理由について

皆さんと共有したいと思います。

・信託報酬は SBI>eMAXIS

まず、投資信託の手数料にあたる

信託報酬の額をそれぞれ確認したいと思います。

信託報酬は

・eMAXIS Slim 米国株  ⇒0.0968%以内

・SBIバンガード   ⇒0.0938%程度

わずかにSBIのほうが安いです。

このため、新規の投資はSBIにしようとしたわけです。

ただ、私自身忘れていたことがありました。

それが、SBI証券の投信マイレージです。

・投信マイレージって?

投信マイレージは

SBI証券で投資信託を保有しているともらえる

ポイントの仕組みです。

保有している投資信託が多いほど、

それに応じたTポイントがもらえます。

付加されるポイントは

投資信託によって異なります。

インデックスファンドの場合はだいたいB~Eのどれかになります。

・投信マイレージの付加率が違う!

もう、勘のいい方はお気づきかと思いますが、

SBIバンガードとeMAXISSlim米国株の

投信マイレージの付加率が違ったのです。

まず、SBIバンガードですが、

付加率はご覧の通り、0.02%です。

次にeMAXIS Slim米国株ですが、

マイレージの付加率は0.05%となっています。

・実質の手数料は・・・

つまり、信託報酬から投信マイレージを差し引いた

実質の手数料は

SBIバンガード

0.0938-0.01=0.0838%

対して、

eMAXIS Slim米国株

0.0968-0.05=0.0468%

となりました。

・eMAXIS Slimのほうが実質半額?

というわけで、

マイレージサービスを加味すると、

eMAXIS Slimのほうが

かなりお得ということがわかりました。

正直、SBI証券が

なんで自社の投資信託である

SBIバンガードのポイント比率を

下げているのかはよくわかりませんが、

今の状態が続くのであれば、

eMAXIS Slim米国株式のほうが

お得だということがわかりました。

私はまだSBIの積立を

始めたばかりですが、

このまま改善が見られなければ、

eMAXISの方に設定を戻そうかと思っています。

今回の記事は以上です。

この記事が皆さんのインデックス投資ライフ向上の

一助になれば幸いです。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。