リラ円は運よりも実力よりも「エルドアン」で決まっている

有名なブロガーの本ということで今週読んでみた
人生は運よりも・・・以下略。

感想
「ちょっと正直何言ってるのかわからなかった」

はい。
で、週末は旅行に出かけていたので、月曜日になってしましましたが、
週一回のトルコリラ考察です。

といっても先週トルコは大型連休のため、ほとんどお休み。
為替相場こそ開いてはいましたがほぼヨコヨコ状態が続きました。
これは嵐の前の静けさか、それともジャンプアップへのためか?

で、今週ですが、引き続きリラ円は下落目線で見ています。
一つは実需サイド。
この一週間祝日のため、トルコ国内の企業はお休み。
今週からドルが必要な企業がトルコ売りドル買いを始めるでしょう。
このところリラはかなり回復してきましたので、ここらでドルを調達したいトルコ企業は多いはずです。実需でどの程度リラが売られるのか、注目したいと思います。
また、休み明けのエルドアンがまた何かしでかす可能性もあります。そのあたりも要注意です。

また、先週末はアメリカのトランプ大統領が、南アフリカの政策に対していちゃもんをつける場面もありました。

http://news.livedoor.com/article/detail/15209153/

いまのところそこまで大きな話にはなっていないですが、具体的にトランプが制裁うんぬんといいだすと、ランド安からの新興国通貨安を招きかねません。
このあたりも注意しておく必要がありそうです。

ちなみに、私は引き続きショートを持ち続けております。

スワップも再開されているので、そろそろ下がってくれないとつらいです。

ドーンと下がったタイミングで利益確定していきたいと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。