2年で機種変はもったいない! iPhoneのバッテリーを交換する方法~店舗編~

みなさん、スマホはどれくらいで機種変更してますか?

24回払いが終わる2年で

買い替えているという方多いのではないでしょうか?

ただ、中には

性能は満足しているけれど、電池の持ちが悪いから」と

電池が理由で

機種変更されている方、いませんか?

それは非常にもったいないです!

iPhoneの電池は店舗に持っていけば

すぐに交換してもらえるんです。

iPhoneは2年以上たってもまだまだ使えますよ。

わたしはiPhone7を使っています。

まだまだ現役ですが、購入から3年近くがたって、

バッテリー持ちが悪くなってきました。

なので、この週末、

初めてiPhoneのバッテリーを

Appleの店舗で交換してきました!

というわけで、きょうは、

Appleの店舗で

iPhoneのバッテリーを交換する方法について

簡単にまとめてみましたので、ご覧ください

・バッテリーはいつ交換する?

バッテリーの消耗は人によって違います。

バッテリーの消耗度は、

iPhoneの設定⇒バッテリーから

調べることができます。

これが、

80%以下になると、交換した方がいいといわれています。

今は交換したばかりなので

100%になっていますが、

交換前のiPhoneのバッテリーは

ちょうど80%でした。

・店舗に行くには予約が必須

Appleの店舗はとても混んでいます

絶対に予約していくべきです。

予約はiPhone上で行うことができます。

https://support.apple.com/ja-jp/contact

の「バッテリーの交換」から

「持ち込み修理」を選ぶと

店舗訪問の予約をすることができます。

予約するとこんなメールが送られてきて

予約完了となります。

・店舗に行く前にやること

店舗に行く前にやることが一つあります。

それはバックアップを取ることです。

PCやiCloudに

今持っているiPhoneのバックアップを

必ず取っておきましょう。

これは万が一バッテリー交換の際、

データが吹っ飛んでも、元に戻すことができます。

店舗でも「バックアップ取ってますか?」と

必ず聞かれますので、

店舗に行く前に済ませておきましょう。

・バッテリーの交換には1時間くらいかかる

私の場合、バッテリーの交換に

一時間くらいかかりました。

店舗にiPhoneを預けて、

「1時間後に取りに来てくれ」と言われます。

特に店舗内で待つ必要はありませんので、

適当に外で時間をつぶして、

また戻って受け取ります。

・iPhoneをとられると手持無沙汰に・・・

ここで注意のなのですが

当然iPhoneをとられるので、

1時間、手持無沙汰になります。

本とか持っていくといいです。

私は昼食時だったので、

外でご飯を食べて時間をつぶしました。

どれだけiPhoneに依存しているかわかりますね・・・。

・バッテリー代は5940円

バッテリー代は手数料も含めて

税込みで5940円でした。

支払いは現金かクレジットカードで可能です。

その場で払って、終了です。

お疲れさまでした。

・思ったよりも簡単!バッテリーを交換してまだまだ使い続けよう!

Apple Storeの込み具合は前から知っていたので

もっと面倒かと思いましたが、案外簡単でした。

私の使っているiPhone7はiPhoneの中でも

攻守最強のデバイス(だと思っています)

バッテリーの持ちだけが不満でしたが、

今回解消されたので、

あと2年くらいはこれで使えると思います。

皆さんもバッテリーの持ちが悪くなってきたら、

機種変更ではなく、

まずはバッテリーの交換してみませんか?

この記事が

皆さんのiPhoneライフ向上の

一助になれば幸いです。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。