グロ3との違いは?ウルトラバランス世界株式の仕組みを解説!

グローバル3倍3分法やUSA360など

レバレッジをかけたバランスファンドが続々登場していますが、

きょうは

ことし8月に設定された

ウルトラバランス世界株式について解説したいと思います。

きょうの目次

・ウルトラバランス世界株式の資産内訳

・グローバル3倍ファンドとの比較

・ウルトラバランスの手数料体系

・値動きと人気

・ウルトラバランス世界株式の資産内訳

ウルトラバランス世界株式は

アストマックス投信という資産運用会社で

ことしの8月23日販売されている

レバレッジ型バランスファンドです。

ちなみに

アストマックス投信はヤフー系の投信会社です。

ウルトラバランスファンドを購入することで

以下の資産に

自動的に分散投資されることになります。

まず、

資産のうち80%は世界全体に投資されます。

残りの20%をレバレッジをかけて210%に膨らませて

アメリカの国債、フランス国債、日本国債、

それに金の先物に投資をしていく仕組みです。

・グローバル3倍ファンドとの違い

グローバル3倍ファンドとの違いは何でしょうか?

全体の資産は290%と300%で

それほど変わりはありません。

違う点は主に以下の3つです

  • グロ3は日米独英豪の5か国の債券に投資、ウルトラは米日仏の3か国
  • グロ3にはREIT(不動産投資)があるが、ウルトラにはない
  • ウルトラには金があるが、グロ3にはない

ウルトラのほうが

REITの代わりに金がある分保守的かと思いきや、

株式全体の割合はウルトラのほうが高かったりして

なかなか一概には特徴は説明できません。

また、レバレッジのかけ方も若干違います。

ウルトラの場合は

株式部分の80%は現物で、

20%をレバレッジ10倍にしています。

一方、

グローバル3倍3分法の場合は

外国株の40%と海外REITの20%が現物。

残り40%をレバレッジ6倍にして、300%としています。

ウルトラのほうが

ハイレバレッジと言えそうです。

・ウルトラバランスの手数料

ウルトラバランスは

SBI証券での購入なら購入手数料は0円です。

また、信託報酬は税込みで

0.743%程度です。

グローバル3倍3分法ファンドが

0.484%ですので、

ウルトラバランスのほうがコストは高いです。

・値動きと人気

さて、肝心の値動きですが、

まだ設定から2か月しかたっていないので

評価は難しいです。

今日(10/25)現在の評価額は10112円ですので、

+1.12%となっています。

一方、

グローバル3倍3分法ファンドは

以下のような値動きです。

8/22で基準価格は12007円。

10/25で12670円ですので、

+5.5%となっています。

同じ期間の比較ですと

グローバル3倍ファンドが5倍の成績を上げていますね。

資産のコンセプトは

だいたい同じのはずなのに、

REITが入っているグロ3の圧勝のようです。

最後に人気具合を確認します。

純資産を確認してみます。

現在のウルトラバランスの純資産は5億程度。

グロ3は1300億を超えていますので、

それに比べると心もとないです。

純資産の少ないファンドは

下落局面でファンドが維持できなくなって

早期償還となる可能性が高まります。

そのあたりは慎重に見ていく必要がありそうです。

結論:現時点ではウルトラバランスを買う理由はない

以上、グロ3と比較しながら

ウルトラバランスの資産内容や仕組みを見てみましたが、

グロ3に比べてて、成績も悪く、

手数料も高いウルトラバランスを現時点で買う理由は

まったくありません。

このファンドを買うぐらいであれば

素直にグローバル3倍3分法ファンドを

買っていった方が資産形成が進みそうです。

みなさんの資産形成の一助になれば幸いです。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。