投資信託の買い方

このページは投資信託の選び方から買い方までの流れを大まかにまとめています。まずは投資信託を買うまでの流れをつかみましょう。

①投資の方針を決める

まずは自分の投資のスタンスを考えましょう。積極的に利益を求める運用も良いですが、自分の投資環境に合った運用方針を決めましょう。まずは投資に慣れるためにも、リスクが小さい運用から始めましょう。もしよくわらなければさまざまな資産に分散して投資をすることで、リスクをおさえつつも利益をもとめる『バランスファンド』をおすすめします。

⇒バランスファンドとは?

②証券会社を選ぶ

購入する投資信託が決まったら、取り扱いがある金融機関をチェックしましょう。金融機関によって、取り扱う投資信託の数や種類は様々です。取扱本数の多さ・ネット環境があれば売買注文などができるネット証券が便利です。金融機関によって使えるサービスも異なってきます。いくつか利用してみて、自分にあったものを探しましょう。

私がおすすめしているのはSBI証券と楽天証券です。銀行や大手証券会社はあまりおすすめできません。

③証券口座の開設

金融機関決まったら証券口座開設をしましょう。最近は銀行・証券会社問わず、ネットで取引が簡単にできるようになっています。銀行の預金と同じく、多くの証券口座は開設に手数料がかかりません。開設手続きから数週間で取引ができるようになります。

④投資信託を購入する

投資信託の買い方は、買いたい時にその都度買う「スポット購入」と、ある一定の期間ごとに購入する「積み立て投資」の2つに分けられます。積み立て投資は一度の投資金額が500円〜と少額で、まとまった資金がなくても始められます。長期的に資産を運用して利益を出したい、将来のためにまとまった資産を作りたいという方には「積み立て投資」が向いています。

以上です。

③の証券口座の開設が一番時間がかかりますので、思い立ったらまず口座開設をやってみるといいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。