日本の現金保有率の高さは異常?現金は資産の何割が適切か?

あなたは総資産のうち、どのくらいを現金で保有していますか?

日本は基本的に欧米に比べて、

現金や預金で貯蓄する割合がとても多いといわれています。

現金の保有は総資産のうちどのくらいが適切なのでしょうか?

きょうは実際に公表されているデータを使ってアメリカやヨーロッパと比較して

日本の現金保有率の多さと適切な保有割合について

解説していきたいと思います。

そして、投資の重要性についても今一度考えてみたいと思います。

・日本の現金の保有割合はアメリカの4倍以上!

家計が資産をどのように保有しているかは

日本銀行が発表している「資金循環統計」というデータを見るとわかります。

最新のデータは以下のようになっています。

一番左の赤い部分が現金や預金で資産を持っている割合なのですが、

欧米と比較しても日本が突出しています。

そして株式や投信の割合(青い部分)についてはアメリカが突出しています。

(現金:赤)

日本→53%

アメリカ→12%

欧州→34%

(株・投信:青)

日本→13%

アメリカ→46%

欧州→27%

・総資産の半分以上が現金の場合、要注意かも・・・

これらのデータからわかることは日本人は平均で、

資産のおよそ半分を現金で保有しているということです。

そしてそれは欧米に比べるととても高い水準で、

日本人は現金保有が大好きということです。

では、皆さんはどうでしょうか?

もしあなたが資産の半分以上を現金で保有しているのだとすると、

それは現金保有が多いと言われる日本人の中でも平均より高い水準です。

そして、それは世界的に比べたらかなり高い比率だということが言えます。

現金の保有割合について再考が必要でしょう。

現金を多く保有しているということはその分、利子による所得をあきらめていることになります。(日本は超低金利ですので・・・)

金利の恩恵を得られないリスクを多く背負っているということになります。

・理想は10%台か?

私の場合ですが、現金の保有割合は総資産の大体20~30%程度です。

これでも結構な比率を金融商品に振り向けている自覚はあるのですが、

かくいう私もアメリカほどは振り切れてはいないです。

アメリカ人は感覚的にはほぼフルインベスト状態で突っ走っているといっても過言ではありません。それだけ資本市場へのコミットメントが広がっているので、株価がガンガン上がっていくのもうなずけます。

資本市場の恩恵をフルに授かるにはこのくらいまで現金を減らすというのが理想なのかも知れません。

あなたの現金保有率は資産全体の何%?

もう一度聞きますが、皆さんの現金保有率はどのくらいになっていますか?

もし50%以上お持ちの方はちょっと現金が多すぎるかも知れません、

だって日本人の平均よりも多いことになりますから、

アメリカほどの振り切るかは別にして、

まずはヨーロッパの30%程度を目指してみませんか?

私も10%台を目指してみたいと思います。

それでは!

以下の関連記事もご覧ください

こんにちは、 皆さんは月にどの程度を 投資に回しているでしょうか。 これは本当に人それぞれだとおもいますが、 今回...
きょうは資産運用の際に私が考えている投資に対する考え方についてお伝えします。 特に初心者の方の参考になれば嬉しいです。 ・続けること ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。