すぐに売買するのはやめよう

積み立て投資は10年、20年と積み立ていくことを前提としています。

1年、2年で利益を確定させたり、損切りしてしまってはいけません。

今の相場は天井か?それとも底か?

値上がりが続いてくると、もうそろそろ天井なのではないかと

思うことも多いかと多います。

一方、値下がりが止まらないと、このままずっと値下がりが続くのではと

不安が増してきます。

ここで考えてほしいのは、今の相場が天井なのか、それともそこなのかということは

誰にもわからないということです。

それはどんなに凄腕のトレーダでも同じです。

一方で景気は循環する。これは事実です。

好況があれば不況もある。これは誰にでもわかっていることだと思います。

それに合わせて、株価は値上がりと値下がりを繰り返しているのです。

積み立て投資は常に一定のペースで買い続けることで、リスクをできるだけ少なくし、

長期間たったら利益を確定させるタイミングを計っていくのです。

今後値下がりしそうだから売ってしまうというのは非常にもったいないことだと思います。

値下がりすることがいつか来るのは誰でもわかっています。

それよりも相場にとらわれずに目標期間まで買い続け、

10年、20年と時間がたったら、売るタイミングを考えていきましょう。

値段がどうしても気になる場合は?

積み立てている投信の値動きが気になって気になってしょうがない人、

いると思います。

どうしてもの人は、積み立てる金額を思い切って半分にしてみましょう。

値動きが気になってしょうがない場合、それは積み立てる金額設定を

間違えている可能性があります。

積み立て投資はあくまで余力のある資金で行うのが基本です。

なくなっていいお金、とまでは言いませんが、

少なくともあまり気にならないくらいの額が適正です。

値動きがどうしても気になってしまうなら、それは無理して多くのお金を

積み立てに回している可能性があります。

一度積み立てる額を半分にしてみて、ほっておくことに慣れてみましょう。

気にならなくなっら、徐々に積み立てる金額を上げてみましょう。

積み立て投資を始めるタイミングはいつでもいいわけで、

積み立てる金額も一度決めたあとでも変更は自由です。

(まぁなるべくであれば、一定額を積み立てていったほうがいいとは思いますが)

とにかく、少額でもいいので、積み立てることが大事です。

早くから売ってしまうことのないよう、注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。