なぜ人は配当金に見せられるのだろうか?配当狙い投資はしない私なりの考察

「配当金」

その魔法の言葉に魅せられている投資家さん、多いと思います。

個人投資家さんの中には

配当利率が5%を超えるような

いわゆる高配当銘柄のみに投資している

というかたも多く見かけます。

私は以下の記事にも書いたのですが、

高配当株のみに投資するやり方には

どちらかというと否定的なのですが、

個人投資家さんのブログを読んでいると、 結構、高配当銘柄への投資をされている方が多いなぁと感じています。 そもそも「配...

きょうはなぜ人は配当金に魅せられるのか

その魅力について

徹底的に考えてみたいと思います。

私が高配当投資に否定的な理由

まず、簡単に私が配当狙いの投資に否定的な理由を簡単にご説明します。

それは一言で言うと

「複利の力を生かし切れていないのではないか?」

と考えるからです。

例えば、

あなたが配当金を受け取った場合、

取る行動は二つです。

①配当金を使う、か

②配当金を投資に回す(再投資)、です。

まず、①の場合、

これはまったく複利が働きません。

利益を使ってしまえば

もらえる配当金はいつまでたっても一定です。

②の場合は複利が働きます。

次にもらえる配当は、

再投資した分だけ多くなるからです。

ただ、ここで問題が発生します。

それは税金です。

配当には税金が20%ほどかかります。

つまり再投資できるのは本来の80%になってしまいます。

もしこの企業が

配当を出す代わりに

自社株買いや本業への投資など株価を上げる努力をすれば、

含み益だけが増え、そこに税金はかかりません。

複利の力が生かされるわけです。

配当の分配はいいかえてみれば、

「半年に一回強制的に一部の利益を確定させる行為」

です。

私はこれが

非効率的だと考えています。

これがわたしが高配当狙いをしない大きな理由の一つです。

わたしは高配当の銘柄ばかりを狙った投資には否定的な立場です。

配当金の魅力①:投資への安心感

「そんなことわかってるよ!」という方もいるかと思います。

それを承知で配当狙いの投資を行っている方も

多いと思います。

ではここからは

配当金の何が魅力なのか、ということを

考えていきたいと思います。

まず第一が投資への安心感が高まる点です。

定期的に配当が振り込まれることで、

自分の投資で利益が出ているということが証明されていると

安心感を得ることが出来ます。

また、配当を得るためということで、

容易に売り買いすることはなくなるでしょう。

結果的に長期投資となり、

インカムだけでなくキャピタルゲインも得る結果となるかたも

多いのではないかと思います。

これが無配当銘柄であるとそうはいきません

いつまでたっても配当は出ませんので

値下がりした場面では、相当の忍耐が必要です。

こうしたことから「配当狙い」というのは

メリットがあるのかなと思います。

配当金の魅力②:投資目標が立てやすい

配当金は予定されている金額が明らかになっていますので、

今後の収益の目標が立てやすいです。

たとえば、月に1万円の配当を得たいとなれば、

年6%の配当利率の銘柄に200万円投資すればいいのです。

非常にわかりやすいです。

無配当の銘柄の場合、

株価の上昇がいつ来るかわかりませんし、

月1万円といった具合に安定的得ることは不可能です。

そうした意味で、目標が立てやすく、わかりやすいというのが

配当金投資の魅力なのかなと思います。

配当金の魅力③:株価に一喜一憂しなくなる

また、株価をチェックしなくてもいいというのも、

魅力の一つとしてあげられると思います。

減配さえなければ、配当金投資家にとってはノーダメージです。

含み損の時は決済しなければいいだけですからね。

そして、この考え方は長期投資につながります。

株価は上下するものですから、

長期で保有していけば、リスクも減っていくでしょう。

株価の値動きにとらわれず、本業に集中する。

これも配当金投資の魅力ですね。

配当金投資=心の安定?

以上見てきましたが、

配当金の魅力というのは

大きく言うと、

心の安定につながる

ということなのかもしれません。

株価に一喜一憂せず、利益の実感があり、わかりやすい。

これが配当金投資の魅力なのかなと思っています。

私はやや非効率かなと感じることもありますが、

投資は心の安定がとても大事ですので、

配当金狙いが自分にあっていると感じる方は

その方法で投資を続けられれば良いと思います。

決して辞める必要はありません。

人によって最適な投資法は違いますので。

何より大事なことは、

市場から退場しないと言うことです。

リスクを取り過ぎず、投資を辞めない。

そのルールさえ守れれば、

投資手法はひとそれぞれで良いと思います。

何が正解なのかというのは

だれにもわからない。

それが投資の世界なのですから。

投資は楽しんだもの勝ちです!

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。