株一本もいいけど、バランスファンドも捨てたもんじゃないよという話

久々の平日更新です。

きょうはわたしのような

兼業投資家にとっての最適なポートフォリオの組み方について

考えてみたいと思います。

積立投資界隈では、基本的に

低コストの株式の投資信託やETFを

ドルコスト平均法をもとに買い続けるということが

王道とされています。

基本的に私もその運用方針で異論はありません。

一方で、バランスファンドについても

兼業投資家のポートフォリオ構築において

一定の役割があると考えています。

今回はバランスファンドの魅力についてお伝えします。

私が投資しているバランスファンド

まず、魅力を説明する前に、

実際に私はバランスファンドに結構な資金を入れています

というところをご確認いただければと思います。

直近公開している私のポートフォリオはこんな感じです。

4つの投資信託を購入していますが、

このうち

グローバル3倍3分法ファンドと

eMAXIS Slim 8資産均等型が

いわゆるバランスファンドです。

eMAXISは私が積み立て投資を始めた時から保有していますので、

金額が最も大きくなっています。

2つの商品の特徴については

別の記事で紹介していますので、

そちらをご参考にしてください。

簡単に特徴を言うと

グローバル3倍は

債券の比率が高めで信託報酬も0.5%程度と高め。

eMAXIS 8資産は

株、債券、リートにまんべんなく投資でき、

信託報酬は株式オンリーに比べるとやや高いというものです。

今話題の投資信託を知りたくないですか? 本記事では話題のグローバル3倍3分法ファンドについて、その仕組みや運用実績を解説。 新たに投資信託の購入を検討されている方必見です。

バランスファンドは握力を高める!

私が思うバランスファンドの最大の魅力は

握力が高まることです。

握力とはつまり投資信託を保有し続ける力です。

人はどうしても下落局面では

パニック的に資産を手放したくなってしまいます。

無限に値下がりし続けることを予想してしまい、

下落した資産を確定させてしまいがちです。

しかし、バランスファンドの場合は

そもそもリスクが抑えられていることに加えて、

下落局面では債券が買われて

債券の部分だけ値上がりしたりするわけです。

そうすると、

株は下がったけど債券は上がっているから

もうしばらく持って様子を見ようと

冷静になることができ握力が高まります。

これが長期投資につながっていきます。

バランスファンドを使って心に余裕を

バランスファンドの比率をあげれば

心穏やかにマーケットと向き合うことができます。

まぁそもそも積立投資とは

毎日マーケットと向き合う必要はありません。

値上がり値下がりに一喜一憂するのは

兼業投資家失格です。

株一本もいいけれど、

ポートフォリオにバランうファンドも組み入れて

心にゆとりのある投資はいかがでしょうか

というご提案でした。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。