暴落でダメージ避ける方法は?

トランプ関税のせいで世界的に株安が進行しています。

東京株、一時600円超安=7カ月ぶり水準-世界同時株安続く

6日午前の東京株式市場は、世界同時株安の流れが止まらず、全面安の展開となった。日経平均株価の下落幅は一時、前日比600円を超え、1月10日以来7カ月ぶりの安値水準を付けた。午前の終値は420円60銭安の2万0299円69銭と3営業日続落した。米中貿易摩擦の激化で5日の米国株式市場は、ダウ工業株30種平均が今年最大の下げ幅となる767ドル安を記録した。6日のアジア主要株価も値下がりして始まった。投資家がリスク資産から資金を引き揚げる動きが続き、東京市場では精密機器や海運株などを中心に、東証1部の9割が下落した。

時事通信より

最近投資を始めた方は

もしかしたら含み損を抱えて

不安な日々を送っているかもしれません。

きょうは株価の暴落でダメージを避ける方法について

考えてみたいと思います。

私も一週間でかなり含み益減りました

まず、私の状況ですが、

皆さんと同じように

かなり含み益が減ってしまっています。

詳しくは毎週の投資結果報告で

推移をご覧いただければと思いますが

だいたい1週間で20万円ほど減っています。

世界的な株安が進んでいます。 週末が仕事でちょっと遅くなりましたが、 先週の投資結果報告です。 先週の投資結果は以下のよ...

含み益は減ったけど、ダメージはありません

さて、

含み益はかなり減ってしまいましたが、

いまのところダメージはありません。

それはなぜか。

簡単に言えば損切りしていないからです。

損切りしなければダメージは0

値下がりしていても

損切りしなければダメージはありません。

積立投資のばあい、

基本的に利益確定も損切りもしませんから、

ダメージは0です。

高みの見物でOKです。

損切りしている人=ポジションを持ちすぎ

今回の暴落で

怖くなって損切りをした方もいると思います。

たかが10%程度の下落で

損切りをしてしまった方は

ポジションを持ちすぎだと思います。

10~20パーセントくらいは

下がっても余裕で持ち続けられるような

ポジションに減らしたほうがいいかと思います。

投資で心をすり減らすのは本末転倒

投資は心の余裕のため、時間の余裕のためにやるものです。

投資のせいで心をすり減らしたり、

時間を無駄にしてしまうのは本末転倒です。

もし、今回の下落で

慌てていろいろ売買してしまった方、

一度自分のポートフォリオを

見直してみてはいかがでしょうか。

投資は余裕資金でやるもので、

少し物足りないくらいが

ちょうどいいかとおもいます。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。